まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

リモートサポートツール
RemoteCall(リモートコール) 導入メリット

RemoteCallはオペレーターがお客様のデスクトップを共有し、遠隔操作でサポート対応を行うため、出張にかかる時間とコストを削減できます。またスピーディーな対応で顧客満足度のアップも期待できます。

RemoteCallを導入する二つのメリット

時間・コスト工数の削減

  • 顧客サポートにかかる時間を大幅に短縮
  • リモートサポートにより現地に行く必要がないため、出張費・移動時間・工数を削減

顧客満足度がアップ

  • 実際のPC画面を見ることにより、瞬時に状況を把握
  • すばやく、正確なサポートが可能
  • 問題解決率がアップ
  • 時間と場所を選ばずにサポートが可能

業種・部門別 RenoteCallの導入効果

パソコンリモートサポートで教育や公共機関のITをサポート

大学

インターネットを使って行う学生の履修科目登録、教授の成績登録などで発生する問題、学内に設置されている証明書発行用端末にエラーが発生した際、パソコンでリモートサポートを行っています。事務室にいながら処理ができるため、対応にかかる時間がなんと1/4になりました。

モバイルリモートサポートは複合機やスマートTVのアフターサポートに

プリンターソリューション部門

リモートサポートを使うと、スマート機器のアフターサポートにかかる費用もカット! 訪問修理にかかる交通費はもちろん、一人のエンジニアが解決できる件数が増え、業務効率がアップ。スピーディーなアフターサポートで顧客満足度も上昇しました。

家電製品のエラーや自動車事故現場の確認に

顧客サービス部門

直接リモート接続できないものでも、スマホのカメラがあれば大丈夫。言葉では分かりにくい状況も画面を見ながら確認。訪問前に準備をしたり、画面に描画しながら一次対応を指示することも可能です。

導入例のご紹介

導入例1:社内システムメンテナンスの効率を大幅アップ。各拠点・工場への出張コスト削減

お客様情報

  • 事業内容:機械製造業
  • 導入内容:社内システムのリモートサポート

課題

社内システムがバージョンアップされるたびに、海外の工場や遠隔地の拠点に出張してサポートを行っており、簡単な作業でも移動を含めて2日かかっていた。

導入効果

RemoteCallを導入し、自席から各拠点・工場のPCを遠隔サポート。クライアント側にソフトをインストールする必要がないため、システムに詳しくない社員でも簡単にサポートを受けることができた。電話では分かりにくかった問い合わせ対応もスムーズになり、拠点の社員に喜ばれた。
クライアント側にライセンスが発生しないので拠点のPCの台数が増えてもRemoteCallを追加購入する必要がなく、出張も減ったことで大幅なコスト削減に成功した。

導入例2:海外の外注先と設計イメージを共有

お客様情報

  • 事業内容:金型製作会社
  • 導入内容:海外の外注先とPC画面を共有して打ち合わせ

課題

海外の外注先と金型3次元モデルの打ち合わせをする際、電話やメールでは言葉でイメージを伝えるのが難しく、思いどおりの仕上がりにならないことがありストレスを感じていた。

導入効果

RemoteCallを導入し、自社と外注先でPC画面を共有。会話をしながら細かなイメージまで共有でき、打ち合わせの回数が大幅に減った。また、ドラッグ&ドロップで簡単にファイル送受信ができるため、仕上がったデータをその場で納品してもらうことができるように。
多言語に対応し、回線事情の悪いところやグレートファイアウォール下の環境でも利用できるRemoteCallだからこそ、外国人との打ち合わせもスムーズに行うことができた。

ナビゲーションメニュー