BI/ETLツールの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

BI/ETLツールお問い合わせ窓口

03-3514-7566(平日 9:00~17:30)

MotionBoard 活用例

MotionBoardのさまざまな活用例をご紹介します

多くの日本企業で利用されているMotionBoard。業種や業態を問わず「現場のカイゼン活動のサポート」 から「経営指標の見える化」まで幅広い用途で活用をされております。

トレンドの「見える化」による発注業務の最適化

お客様が購入された商品のトレンドを日次で分析しています。各種商品の前月との売り上げ差や、どの商品と組み合わされて購入しているかを把握すれば、商品のその後の陳列や発注に活用ができます。また、日次で商品のデータを把握することにより、すばやい対応を行うことができます。

リアルタイムで生産データを「見える化」。納期遅れを防ぐ

あらかじめ設定をしておいた閾値を超えるとアラートを発生させることが可能です。また、担当者へ自動でメール通知させ、「歩留率・稼働率・不良率」が異常値に達していないかなど、リアルタイムに状況を把握できます。すばやい対応が可能になり、納期遅れを防ぎます。

現場のExcelデータを活用し、予実シミュレーションを実施

現場がそれぞれExcelで管理している予算値をMotionBoardへアップロード。基幹システム上にある実績値もMotionBoardへ取り込み、一元管理を行います。それぞれのデータはリアルタイムで更新がされるため、迅速に意思決定を行えます。

地図機能を利用し顧客分析を実施。効率的なマーケティングを実現

MotionBoardに標準搭載している地図機能を利用し、自社の顧客分析を行います。地域ごとの特性が地図上で直感的に把握でき、より効果的なマーケティングを実施できます。さらに、自社のデータだけでなく第3者データと組み合わせて可視化をすれば、外的要因とも照らし合わせた分析を実現します。

BI/ETLツール 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。BI/ETLツールを導入した事例をご紹介します。