節約したいけど、インパクトもほしい!2色印刷で解決!

カラーより低コスト!白黒よりも好印象!便利な2色印刷機能をご紹介

経費削減のために白黒印刷を推奨されている企業も多いと思います。とはいえ、白黒では資料の見栄えがいまいち…そんなときに便利なのが複合機の2色印刷機能!その使い方をご紹介します。

2色印刷とフルカラーの違いとは?

通常、複合機のフルカラーとはC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)の4色のトナーを使用した印刷のことをいいます。対して、2色印刷とは、そのうちの2色を利用した印刷のことをいいます。2色印刷は一般的にK(ブラック)プラスもう1色を利用した印刷を指します。そのため、表現できる色は限られてきますが、うまく利用すれば、コストを抑え、かつ見やすいインパクトのある資料の作成が可能になります。

印刷コストは?インパクトは?

もちろん、最も使用する色が少ないモノクロが印刷コストとしては安くなります。しかし2色印刷は多くの場合、モノクロ料金と同じコストで印刷が可能です。

また、色の制限はありますが、社のキーカラーなどが定まっている場合は、その色をメインに引き出せるように設定を行えば、統一感のある資料作りが可能です。

2色印刷の設定方法

モノクロ印刷が徹底されている企業の場合、なにも設定せずに印刷を実行するとモノクロで印刷されます。そのため、2色印刷を実施する際には、印刷画面で少し設定を行う必要があります。ここでは実際に複合機の設定画面を用いて、設定方法をご紹介します。

  • * Ricoh MPCシリーズでの設定です。ご利用の機種によっては、操作方法が異なる場合がございます。詳しい設定についてはお使いの機器の仕様をご確認ください。

手順1

プリンターのプロパティで「項目別設定」のタブを選択。白黒印刷設定になっている場合は、「カラー/白黒」の項目をカラーに変え、カラー印刷を有効化します。

手順2

メニュー項目「印刷品質:標準」を選択し、「画像設定」の項目をクリックし、「ユーザー設定」に変更します。

手順3

「2色」の項目をクリックし、「黒・シアン」「黒・マゼンタ」「黒・イエロー」から印刷するカラーを選び、OKを選択。

2色印刷の実際の仕上がりイメージは?

では実際の仕上がりはどのようになるのでしょうか?実際に複合機を使って、資料をそれぞれ印刷してみました。白黒との違いをご確認ください。

表現力は一目瞭然(いちもくりょうぜん)!

黒+シアンはシアントナーを利用しているため、カラー部分が全て青系統で表示されます。マゼンタに関しては赤系統になり、イエローは黄色系統になります。黒を1色使っているため、特色トナーがない限りは青・赤・黄色の三種類から選ぶ形になります。

シアン・マゼンタ・イエローで表現できない色についても、選んだ色の濃淡で表現することになるので、印刷されないなどの不都合はありません。

白黒では難しかった強調表現も色が1色入るだけで可能になり、よりインパクトのある仕上がりになりました!

さらなる機能活用で
用紙代や電気代の削減も

複合機には経費削減につながる機能がいっぱい!

今回ご紹介した2色印刷では、印刷にかかるトナーなど印刷コストの削減が可能で、ほかにも用紙代の削減や、電気代の削減ができる便利な機能が複合機にはたくさんあります。

意外と知らない複合機の機能を使いながら、小さなことからコツコツと経費削減を実践してみてはいかがでしょうか?大塚商会では経費削減につながる複合機を取りそろえていますので、お気軽にご相談ください。

製品やソリューションに関するご相談、お見積りはこちらから。

最適な製品を教えてほしい」「 この機種の価格は?」「 費用はいくらくらい?」などのご相談も承っていますので、気になることはお気軽にご相談ください。

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00137001