複合機がタイムレコーダーに変身!

リアルタイムに勤務状況を把握して、残業を抑制する仕組みづくりを!

勤怠管理システムと複合機を連携させれば、PCやタイムカードがなくても複合機だけで打刻ができます。残業時間や出退勤などの勤務状況を適切に管理し、社員の働き方を見直しましょう。

勤怠管理システムを導入する企業が増えています

近年、長時間・過重労働を巡る問題に対しての関心が高まり、適正な勤怠管理を行うために勤怠管理システムを導入する企業が増えています。

さらに政府が進める「働き方改革」でも長時間労働を是正する取り組みが企業には求められており、今後ますます勤怠管理システムの導入は拡大していくことが予想されます。

勤怠管理システムを選ぶ際には、使用する環境や自社の就業規則・勤務形態に対応しているものを選びましょう。

勤怠管理システムの導入で、残業抑制につなげられる!

一般的なタイムカードなどの手作業管理では、締め日後の集計で初めて月間の残業時間が分かるため、「気がついたら法定時間をオーバーしていた」といったことになりかねません。システム化によりリアルタイムで勤怠管理をすることができれば、以下のような対応が可能になります。

勤怠管理のシステム化による効果

  • 勤務状況をリアルタイムで把握できる
  • 月の途中でも超過時間を自動でチェックできる
  • 自動通知機能(アラーム)を利用して、状況を把握できる
  • 打刻漏れなど不適切な勤務実績をすぐにチェック、指導できる
  • 残業や休暇などの勤怠に関する申請、承認が簡単・迅速に行える
  • システム集計により締め日以降の集計処理の負担を大幅に減らせる

など

システム化による勤怠管理は従業員の残業を抑制するだけではなく、手作業で面倒だった勤務表の入力、集計、チェックなどの負荷を簡単に減らすことができます。システムを活用して、一般従業員や総務、管理者含めた大幅な業務効率化を実現させましょう。

PCがなくてもOK! 複合機で勤怠打刻できるシステムも!

1人1台のPCを使っていない事務所や店舗でもご安心ください。PCがなくても複合機で打刻ができます。複合機のタッチパネルで自分の名前を選択し、「出勤」「退勤」をタッチするだけで打刻ができるのでとっても簡単。

小型複合機にも対応していますので、小さな事務所や店舗でもスペースを気にすることなく設置できます。お気軽にご相談ください。

複合機1台あれば
勤怠管理ができる

おすすめは「勤怠管理システム」と「リコー複合機」の連携

大塚商会のおすすめする勤怠管理システム「勤次郎Enterprise」は、さまざまな雇用・勤務・賃金形態に対応しており、複雑な勤怠情報を自動計算できます。社内や外出先からWeb上での打刻はもちろん、リコーの複合機と連携すれば、複合機から打刻することも可能です。

製品やソリューションに関するご相談、お見積りはこちらから。

最適な製品を教えてほしい」「 この機種の価格は?」「 費用はいくらくらい?」などのご相談も承っていますので、気になることはお気軽にご相談ください。

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00133337