複合機×クラウド=もっと快適ワーク ~Office 365編~

複合機・コピー機とクラウド連携、あらためてそのメリットを考えます

複合機とクラウドの連携で何が便利になるのか、あらためて考えてみませんか。今回はマイクロソフトOfficeのクラウドサービス「Office 365」連携でできることから考えていきます。

  • * Office 365とは?
    マイクロソフトのクラウドサービス。ExcelやWordなどのアプリケーションをクラウド上で利用できます。さらに、クラウド上にファイルを保管、共有ができたり、メールやポータルのアプリケーションもある便利なサービスです。月額費用で常に最新のものを利用できるというメリットのほか、大塚商会ではサポートもセットにした「たよれーる Office 365」をご用意しています。

ちょっと面倒・・、と思っていた作業がなくなる! Office 365連携

今回は、複合機の電子化ソフトウェア・アプリケーション「Quickスキャン」とOffice 365連携をご紹介します。日々の業務でちょっとした手間を省いてくれる連携機能。全体で見ると大きな「便利さ」につながっています。

【その1】複合機から保存先をカンタンに指定できる!

ありそうで無かった便利な機能です。

複合機でスキャンした文書を、そのままクラウド上のドキュメントフォルダーに保存できます。

いったん自分のPCに送ってからクラウドに保管、なんて手間をまるごと省く、文書共有に便利な機能です。

【その2】ファイル名をカンタンに登録できる!

スキャンした文書のファイル名を変更、これも意外と面倒な作業です。いったんデータを自分のPCに送り名前を変える、という作業が発生してしまいます。

Office 365連携なら、スキャン後その場でファイル名を変更、そのままクラウドに保存できるので、複合機の操作パネルで完結できるのです。

【その3】直接印刷できる!

クラウド上に保管してある文書を印刷したいとき、複合機からそのまま選択できたら便利ですよね。

Office 365連携は、複合機のパネル上から文書を指定、そのまま印刷できるので、印刷するためだけにPCを立ち上げる、なんて作業もなくなります。

「複合機×クラウド連携=もっと快適ワーク」の方程式

これまで、QuickスキャンとOffice 365の連携でできることを中心にご紹介してきました。

複合機やコピー機で電子化した文書から、クラウドに保存して共有・管理することができ、今まで手間だった作業を省いて、もっと快適なオフィスワークを実現していきます。多くのオフィスにある複合機やコピー機、活用しなければもったいない、いま一度、その便利さを考えてみませんか?

複合機でもっと快適ワーク
鍵は「電子化」

「電子化」が変える、「電子化」から変わるワークスタイル

今日ご紹介したQuickスキャンとOffice 365の連携を見てみると、文書の「電子化=ペーパーレス」がキーになっていることが分かります。

複合機やコピー機を使った紙文書の電子化は、紙を減らすだけ以上の効果をもたらします。電子化から始まるワークスタイルの変化、考えてみませんか?

【無料】複合機の知恵袋がカタログになりました(全28ページ)

この一冊で複合機の最新活用のすべてが分かるカタログを無料でダウンロード

複合機による紙文書の電子化を中心とした、紙業務を効率化するポイントを、事務・営業・経営の立場から解決方法をご提案します。

  • すぐに始められる「紙の電子化とテレワーク」
  • 働き方を変える「名刺管理のメリット」
  • 知ってると得をする「複合機の節約術」

など

資料をダウンロード(無料)

ナビゲーションメニュー