複合機×クラウド=もっと快適ワーク ~Office 365編~

複合機・コピー機とクラウド連携、あらためてそのメリットを考えます

複合機とクラウドの連携で何が便利になるのか、あらためて考えてみませんか。今回はマイクロソフトOfficeのクラウドサービス「Office 365」連携でできることから考えていきます。

  • * Office 365とは?
    マイクロソフトのクラウドサービス。ExcelやWordなどのアプリケーションをクラウド上で利用できます。さらに、クラウド上にファイルを保管、共有ができたり、メールやポータルのアプリケーションもある便利なサービスです。月額費用で常に最新のものを利用できるというメリットのほか、大塚商会ではサポートもセットにした「たよれーる Office 365」をご用意しています。

ちょっと面倒・・、と思っていた作業がなくなる! Office 365連携

今回は、複合機の電子化ソリューション「Quickスキャン」とOffice 365連携をご紹介します。日々の業務でちょっとした手間を省いてくれる連携機能。全体で見ると大きな「便利さ」につながっています。

【その1】複合機から保存先をカンタンに指定できる!

ありそうで無かった便利な機能です。

複合機でスキャンした文書を、そのままクラウド上のドキュメントフォルダーに保存できます。

いったん自分のPCに送ってからクラウドに保管、なんて手間をまるごと省く、文書共有に便利な機能です。

【その2】ファイル名をカンタンに登録できる!

スキャンした文書のファイル名を変更、これも意外と面倒な作業です。いったんデータを自分のPCに送り名前を変える、という作業が発生してしまいます。

Office 365連携なら、スキャン後その場でファイル名を変更、そのままクラウドに保存できるので、複合機の操作パネルで完結できるのです。

【その3】直接印刷できる!

クラウド上に保管してある文書を印刷したいとき、複合機からそのまま選択できたら便利ですよね。

Office 365連携は、複合機のパネル上から文書を指定、そのまま印刷できるので、印刷するためだけにPCを立ち上げる、なんて作業もなくなります。

「複合機×クラウド連携=もっと快適ワーク」の方程式

これまで、QuickスキャンとOffice 365の連携でできることを中心にご紹介してきました。

複合機やコピー機で電子化した文書から、クラウドに保存して共有・管理することができ、今まで手間だった作業を省いて、もっと快適なオフィスワークを実現していきます。多くのオフィスにある複合機やコピー機、活用しなければもったいない、いま一度、その便利さを考えてみませんか?

複合機でもっと快適ワーク
鍵は「電子化」

「電子化」が変える、「電子化」から変わるワークスタイル

今日ご紹介したQuickスキャンとOffice 365の連携を見てみると、文書の「電子化=ペーパーレス」がキーになっていることが分かります。

複合機やコピー機を使った紙文書の電子化は、紙を減らすだけ以上の効果をもたらします。電子化から始まるワークスタイルの変化、考えてみませんか?

製品やソリューションに関するご相談、お見積りはこちらから。

最適な製品を教えてほしい」「 この機種の価格は?」「 費用はいくらくらい?」などのご相談も承っていますので、気になることはお気軽にご相談ください。

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00132670