複合機のトナー方式とカウンター方式、どう違う?

複合機の保守サービス、トナー方式とカウンター方式とは?

自社の複合機やコピー機の保守サービス、トナー方式なのかカウンター方式なのかご存じですか?月々の料金や故障時のサポート料金も変わるこの仕組み。知って得するその違いをご紹介します。

トナー方式(キット方式)とカウンター方式の違いとは?

複合機に欠かせない保守サービス、トナー方式とカウンター方式、それぞれの特長を見てみましょう。

トナー方式の複合機

キット方式とも言われるトナー方式。メーカーよりトナーのキットを購入します。購入代金には保守料金が含まれており、トナーがある限り、保守を受けられる仕組みです。トナーが切れてしまうと新たにトナーを購入する必要があります。トナーを早く使ってしまうと、単価が高いので結果割高になります。

カウンター方式の複合機

月々の最低基本料金と、印刷した枚数×1枚当たりの単価の二つの料金に保守料も含まれている仕組みです。多くの場合、トナー料金や部品代、技術者の派遣代などが含まれています(メーカーによって異なります)。トナーの管理も不要なので便利です。

自社に向いている方式を選ぶには

トナー方式とカウンター方式を、簡単にご紹介しました。では、自社の複合機・コピー機の保守サービス、どちらが適切なのか、選ぶポイントは何でしょうか。

選択のポイントは印刷枚数と印刷物

どちらが自社に合っているかは、印刷枚数と印刷物によって異なります。印刷枚数が多かったり、印刷物がカラーや文字数が多いものなど多岐にわたるとトナーの消費量が多くなるので、トナー方式だと割高になる可能性があります。オフィスの印刷物で印字率が低いものは意外と少ないもの。オフィスで使う場合はカウンター方式の方がトナーの管理の手間も省けて、おすすめです。

複合機もプリンターも
カウンター方式

複合機だけではなく、プリンターでもカウンター方式の保守サービスがあります

ここまでトナー方式とカウンター方式の保守サービスについて、ご紹介してきました。カウンター方式が良くても、プリンターでは難しいのでは?と思った方もいるかもしれません。実はあるのです!

M-PaCプリンターなら保守サービスもトナー管理も便利

M-PaCなら、複合機のようにカウンター方式の保守サービスを利用できます。面倒なトナー発注や管理も不要、印刷単価は一律同じなので、コスト削減にもなります。ぜひ一度検討してみませんか?

プリンターの保守はM-PaCが便利!

製品やソリューションに関するご相談、お見積りはこちらから。

最適な製品を教えてほしい」「 この機種の価格は?」「 費用はいくらくらい?」などのご相談も承っていますので、気になることはお気軽にご相談ください。

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00135297