プリンターの保守はM-PaCが便利!

プリンターの保守も複合機やコピー機と同様、簡単に行えるようになりました!

プリンターの保守も複合機やコピー機のように簡単にしたい。そんなお客様のご要望におこたえする、プリンターの管理や手間を軽減する保守サービス「M-PaC(エムパック)」のご紹介です。

M-PaCならトナーや消耗品、メンテナンスを丸ごとお任せいただけます

M-PaCとは、特定のプリンターを対象としたトナー・定期交換部品・保守サービス料金を合算し、1カウントあたりの料金で利用できる保守サービスです。

M-PaCにはトナーの他(ほか)にメンテナンスや修理費などが含まれており、動作不良や故障時も安心してお使いいただけます。

M-PaCのメリット1 コスト管理がしやすい!

一般的なプリンターでは、原稿に印刷されるインクやトナーの使用量によって1枚あたりのプリント単価が大きく変動します。一方、M-PaCプリンターならどんな原稿でも1カウントあたりでの料金計算となるため、使用カウントに基づいたランニングコスト管理が可能です。

また、M-PaCではインクやトナーの他(ほか)にメンテナンスや修理費も含まれています。突然の動作不良や故障による交換部品の追加購入費用は発生しません。

知っているとお得! 2色印刷なら、モノクロ料金で印刷できます

社内で使用する資料や、モノクロ印刷だと見づらい資料には2色印刷がおすすめです。フルカラー印刷とモノクロ印刷では料金に大きな違いがでますが、2色印刷はモノクロ印刷としてカウントされます。

配色や設定などを工夫すれば、2色印刷でもインパクトのある印刷をすることができ、コスト削減が可能です。

M-PaCのメリット2 面倒なトナーの発注や修理依頼の手配が不要!

消耗品であるトナーの在庫管理や発注作業は意外と手間がかかります。M-PaCならお客様のトナーの使用状況をリモートで把握し、トナーが切れる前にお客様へお届けします。いちいちトナー残量のチェックや発注をする必要がありません。

さらに、機器の状態もリモートで監視しています。故障や修理が必要と判断された場合はすぐにお客様先へ連絡をし、訪問修理を行います。

業界初! 胴内で紙折りユニットを内蔵できるモデルが登場!(注)

通常、紙折りユニットは本機に装着する必要があるためスペースをとられますが、2016年10月に発売の「RICOH SP C840M / 841M」には、紙折りユニットが胴内に装着できます。省スペースで設置でき、フィニッシャーと同時装着もできるため、Z折りや三つ折りなど作業効率を向上させる多彩な紙折りが実現できます。

もちろんM-PaC対応プリンターですので、コストを削減しながら印刷業務の負荷を減らすことができます。

  • (注)2016年10月時点
  • * 紙折りユニットはオプションとなります。

M-PaC対応プリンター
をご紹介

おすすめは、RICOH SP C841 / C841M / C840 / C840M 他

プリンターを使用していてコストが気になるお客様や、消耗品発注・修理依頼に手間がかかっているお客様に最適なM-PaC対応プリンターをご紹介しています。なお、掲載していない製品でもご紹介可能なものがありますので、お気軽にご相談ください。

M-PaC対応プリンター(RICOH SP C841 / C841M / C841a1 / C841M a1 / C840 / C840M / C840a1 / C840M a1)

プリンター保守サービス「M-PaC保守」

製品やソリューションに関するご相談、お見積りはこちらから。

最適な製品を教えてほしい」「 この機種の価格は?」「 費用はいくらくらい?」などのご相談も承っていますので、気になることはお気軽にご相談ください。

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00135570