データ消去&買取サービスに関するお見積り依頼はこちらから。

データ消去方式

安心・確実なデータ消去方式でデータを完全に消去し、情報漏えいを防止します。大塚商会では、対象媒体によって適切な規格に準拠した消去方式を採用しています。

ハードディスクの初期化だけではあぶない!

ハードディスクのデータを初期化しただけでは、データを完全消去することはできません。特殊なソフトを使えば、初期化したデータを復元することも可能です。不十分なデータ消去によって、情報漏えいや第三者に悪用されてしまうと、社会的な信用を失うだけでなく企業の存続さえも危うくなります。
不要になったパソコンに入っているデータは、安心・確実なデータ消去を行う必要があります。

安心・確実なデータ消去方式

大塚商会では、三つのデータ消去方式(4通り)をご用意しています。

上書消去方式
専用のソフトウェアで任意のデータを書き込んで消去します。3回上書き・1回上書きの二つのメニューがあります。

消磁方式
専用機器でハードディスクに強力な磁気をあて、記録されているデータを消去します。

破砕方式
破砕装置でハードディスクに穴をあけ、読み取り・再利用をできなくします。

データ消去方式の規格

さまざまなお客様のご希望に沿えるよう、対象媒体によって適切な規格に準拠した消去方式を採用しています。上書消去は3回上書き・1回上書きの二つのメニューがあります。

消去方式準拠している規格対象媒体上書回数ベリファイ(注)書込内容
上書消去方式(3回)米国国防総省規格(DoD5220.22-M)HDD3回実施固定値、補数、ランダムの計3回
米国国立標準技術研究所規格(NIST 800-88 Clear)SSD3回実施Blancco社独自の内容(規格を満たし、より複雑なパターンを採用)
米国国防総省規格(DoD5220.22-M)iOS端末3回実施暗号化消去+固定値、補数、ランダムの計3回
1回上書方式英国政府準拠方式 BaselineHDD1回実施固定値の1回
英国政府準拠方式 BaselineiOS端末1回実施暗号化消去+固定値の1回
消磁方式米国国防総省規格(DoD5220.22-M)HDD---
破砕方式米国国防総省規格(DoD5220.22-M)HDD、SSD、iOS端末---
  • (注)書き込みが正しく行われているか確認することです。

お客様の設定されたセキュリティレベルを維持したまま、データ消去を実施

お客様によりパスワードロックやハードディスクロックなどのセキュリティ対策が講じられている場合でも、ロックを解除せずにデータ消去作業を行いますので安心です。

データ消去サービスの料金

「上書消去方式(3回)」「1回上書方式」「消磁方式」「破砕方式」のいずれかの方式でデータ消去する場合と、各方式を組み合わせてデータ消去する場合の全7プランをご用意しています。

料金を確認する

ナビゲーションメニュー