まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

テレビ会議のメリット

テレビ会議は、離れた場所にいる相手、もしくは会議室と、あたかも一つの部屋で会話しているような雰囲気で、会議や打ち合わせができるシステムです。それが企業のどんなことに役立つのか、どんな使い方があるかを見てみましょう。

経営者のメッセージをダイレクトに伝えたい

経営者のメッセージを全社に伝える。
社長のメッセージを録画しDVDなどの媒体を介して全社員へ伝える。
テレビ会議を利用すれば、リアルタイム、オンデマンドで臨場感のあるメッセージを配信することができます。
貴社の社員の方々のモチベーション向上にもお役立ちします。

社内教育を効率よく、徹底したい

社員教育では、営業所や拠点が遠方に散在している場合が多く、集合研修をしようとすると、時間やコストがかかるという課題がありました。
テレビ会議を使えば、距離や時間の制約を受けないため、コストをかけずに効率的な教育が可能になります。

正確で迅速な意思決定を実現したい

心理学では、コミュニケーションが、言語7%、声:38%、視覚情報55%という比率によって、成り立っているという説があります。
電話、メール、テレビ会議この三つのコミュニケーションで、全てがそろっているのは、テレビ会議だけです。
テレビ会議の利用により、正確で迅速な意思決定が可能になります。

出張費を削減

テレビ会議を利用すれば、時間や場所、距離にとらわれず、いつでも自由に本社、支社でコミュニケーションを取ることができます。
無駄な出張を抑え、移動に掛かる、交通費、人件費、宿泊費などの経費と何より貴重な時間をカットし、出張と同様の効果が期待できます。

不要な出張費を削減!効果検証

どこでも気軽に打ち合わせ

iPadに対応している製品も登場。
社外でも、出張先のホテルでも、自宅でも会議に参加。
時間の有効活用が可能になり、ビジネスチャンスを逃しません。

災害・パニック時のためにも

通常のコミュニケーション手段として確立されている公衆電話網や携帯電話網は、災害時や公共交通網のストップ等、パニックの際は網内制限によって、不通になるケースがあります。テレビ会議を、災害に強いインターネットで利用すれば、災害時に対する有効なコミュニケーション手段になります。
また、テレビ会議なら災害や渋滞、電車遅延などの理由で予定した会議に遅刻してしまう・・・なんてこともありません!移動のリスクを回避し、確実にビジネスを進めていくことができます。

テレビ会議の導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。テレビ会議を導入した成功事例をご紹介します。