まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

デジタルサイネージ よくある質問

コンテンツの作成方法やデータの更新、導入の仕方や運用方法、屋外での利用など、多くの声が寄せられるデジタルサイネージのよくある質問についてお答えします。

ディスプレイ

  • 家庭用のTVモニターと何が違いますか?

    業務用ディスプレイは24時間対応できるモデルがほとんどであり、連続稼働の耐久性があります。メーカーによっては単価を下げるために16時間対応モデルもあります。家庭用テレビは16時間程度になります。家庭用テレビは耐久性以外にも縦設置ができないなどサイネージの目的に合わない場合がありますが、テレビとして使えたり、特に災害時にはTVニュースなどへの切り替え可能です。

  • 屋外にディスプレイを設置できますか?

    屋外設置の場合は、風雨、粉塵(ふんじん)、画面強度、太陽光の反射にも対応した専用のディスプレイがあります。屋内モデルを設置することもできますが、防水機能などがないため雨が降りそうなときには屋内への取り込みが必要です。また太陽光による反射で見にくい場合や故障の原因にもなるのでご注意ください。

  • ディスプレイの金額の差はどのような違いでしょうか?

    金額は一般的に、屋内か屋外か、輝度(明るさ)、コントラスト、サイズ、サイネージのソフト組み込み済みか、によって変わってきます。

コンテンツ

  • コンテンツはどのように作りますか?

    スマートフォンやビデオカメラで撮影したものを表示させたり、イラスト作成ソフトで作成したり、デザイナーに依頼したりすることもできます。お手軽にパワーポイントで作成することもできます。

  • 配信できるコンテンツの拡張子は何ですか?

    デジタルサイネージで表示できるデータはメーカーによって異なります。一般的には画像データはJPEG形式、動画データはMP4形式が代表的なデータフォーマットです。PDFやMicrosoft Officeファイルを利用できるシステムもあります。

  • 今日の予定を表示できますか?

    デジタルサイネージを活用したリアルタイムに情報を反映させる行動予定表の専用システムがあります。また、Excelなどで作成した予定表をデイスプレイに表示させることも可能です。

その他

  • プレイヤー、STBってなんですか?

    デジタルサイネージは、ディスプレイにデータを表示するソフトウェアが必要です。このソフトウェアはデータの連続表示、時間指定の表示、カレンダー表示、静止画、動画の表示などを行うためのものです。このソフトウェアがディスプレイに組み込まれているタイプとあらかじめソフトウェアがセットされた専用機器が提供されています。それがサイネージプレーヤー「STB(セットトップボックス)」と言われるものです。

  • データの更新を出来る限り簡単にする方法はありますか?

    USBメモリーのデータを更新して差し込むだけのタイプや、パソコンでドラッグ&コピーして更新もできるタイプもあります。また、複合機から出力された紙をスキャンしてディスプレイに掲示する、という便利なシステムもあります。

  • 受け付けに1台置きたいのですがおすすめはありますか?

    手軽なディスプレイスタンドを利用して設置する方法があります。ネットワークにつなげずにUSBメモリーやSDカードなどで更新するスタンドアロン型が簡単で即稼働できます。将来的に、事務所とネットワーク接続してリモートで管理や、クラウドを利用してどこからでも表示コンテンツを変更する方法などに移行できるシステムもあります。

【無料】デジタルサイネージの豪華資料をダウンロード(全63ページ)

2021年版「デジタルサイネージの全てがこの1冊に。」を無料でダウンロード

デジタルサイネージの「失敗しない選び方」から「メーカーのおすすめ製品紹介」まで気になる情報が盛りだくさんの「全63ページ」

  • サイネージの市場や仕組みが分かる!
  • サイネージの利用用途が分かる!
  • サイネージの選び方が分かる!
  • 各メーカーのおすすめ製品が分かる!
  • 事例やヒアリング項目が分かる!

資料をダウンロード
(無料)

デジタルサイネージの関連セミナー

日時:2021年 7月27日(火) 15:00~15:45
会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
講師:エレコム株式会社 密岡 正樹 氏

デジタルサイネージの導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。デジタルサイネージを導入した事例をご紹介します。

ナビゲーションメニュー