まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

デジタルサイネージの活用イメージ

デジタルサイネージの導入すると、タイムリーな情報配信や印刷コスト削減など、さまざまなメリットが期待できます。では実際にどのように活用できるのか、代表的なものをご紹介します。

活用シーン紹介

電子POP(ポップ)として活用

効果
商品の視覚的な訴求
活用場所
店舗、売り場、レジ付近、接客時の説明など

店頭や売り場・レジ付近などで、本日のセール商品やおすすめの商品紹介を見かけたことはありませんか? デジタルサイネージは、写真・動画で商品を宣伝するPOP/ポスターとしてご利用いただけます。動きのある宣伝が可能になり、より視覚的な訴求効果を見込めます。

社内の情報共有として活用(オフィスサイネージ)

効果
情報共有
活用場所
社内の休憩室や社食、工場・倉庫、店舗のバックヤードなど

オフィスや店舗のバックヤード・工場など、社内で共有すべき情報を、デジタルサイネージで配信できます。作成した資料を人数分印刷して配る手間が省けるため、経費削減になるほか、緊急で通知したい情報もすぐに共有することができます。

施設案内やスケジュールなど情報ツールとして活用

効果
受付業務の効率化
活用場所
オフィスの受け付け、セミナー会場、病院、学校・塾、図書館、薬局など

病院や公共施設の受け付けなどでは、スケジュールや施設内の質問が多く、受付業務の負担になっていませんか?デジタルサイネージを活用することにより、本日のイベントスケジュールや施設案内をする看板としても活用いただけます。これにより、受付業務の効率化につなげることもできます。

多言語情報ガイドとして活用

効果
外国人観光客などへの情報配信
活用場所
ホテルのロビー、ショッピングセンター、美術館・博物館、観光案内所など

デジタルサイネージなら、複数言語のコンテンツも配信することができます。日本語・英語だけでなく、中国語、韓国語などにも対応した製品があります。外国人観光客の多い、ホテル施設や観光案内所などで活用いただけます。

大塚商会でデジタルサイネージを導入するメリット

大塚商会では、お客様の目的と環境にあわせて最適なご提案をいたします。また、導入後の保守・サポートから、デジタルサイネージで使用するコンテンツ作成まで受け付けしております。

大塚商会の導入メリット

ナビゲーションメニュー