まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

デジタルサイネージとは

店頭や屋外、交通機関など、さまざまな場所で見かけるデジタルサイネージ。いわゆる電子看板・電子掲示板は、どんなメリットがあるのでしょうか。選び方のヒントと共にご紹介します。

デジタルサイネージは情報発信・共有するためのシステム

デジタルサイネージとは、ディスプレイやタブレット端末などの電子媒体を使用して広告や看板、掲示板などの用途で情報を発信するシステムの総称です。

そのため、屋外や店頭、公共の場などのほか、社内の掲示板など用途は広がり、これからの新しい情報伝達の手段として期待が高まっています。

紙媒体との大きな違いは?

紙媒体との最大の違いは、配信できるコンテンツの自由度です。デジタルコンテンツを配信できるため、動画など動きのあるコンテンツ利用はもちろん、言語の選択など見ている人自身がタッチパネルで操作して欲しい情報を取得できるといった活用ができます。

また、ネットワークで接続することによりリアルタイムで情報を配信できるなど、紙媒体と比較して看板・掲示板の域におさまらない大きなメリットがあります。

デジタルサイネージは大きく2種類のタイプに分かれます。

ネットワーク構築不要!USBやHDDなどの記録媒体をディスプレイにセットして配信ができるタイプです。

一度に複数拠点に同時配信!ローカルネットワークやインターネットなどのネットワークを通じて配信できるタイプです。

デジタルサイネージを導入するメリット

デジタルサイネージの導入効果は、単に紙媒体を電子化しただけにとどまりません。どんな効果があるのか、代表的なものをまとめてみました。

コストや手間の削減
ポスターやチラシの印刷コストはもちろん、看板などの制作、配布の手間も削減
期限・場所ごとの張り替え作業も不要
販売促進・宣伝効果の向上
動画などを活用した魅力あるコンテンツによる訴求効果大
セール案内など、タイムリーな情報提供で販売促進効果向上
情報サービスの向上
交通情報、ニュース、天気や複数言語対応など、利便性と即時性を兼ね備えた情報提供
複数機器の表示による相乗効果
動きのあるコンテンツを複数のディスプレイに表示することにより、訴求効果をさらに向上

導入メリットについて詳しくみる

デジタルサイネージを選ぶヒント

デジタルサイネージの選び方のポイントは、「使い方」です。どんなコンテンツであれ、まずは1台から始めたいのか、複数の拠点で同時配信したいのか、またリアルタイムに情報を発信したいのか、などです。デジタルサイネージの使い方から見た選び方のポイントをご紹介します。

1台から手軽にすぐ導入したい方は「スタンドアロンタイプ」

作成した表示データをメモリーに登録するだけの簡単に作業ができ、1台から手軽にすぐ導入したい方にスタンドアロンタイプがおすすめです。スタンドアロンタイプにはディスプレイを自由に選択できる「ディスプレイ選択型」と、ディスプレイにサイネージ機能がセットされた「ディスプレイ一体型」があります。

複数の拠点に向けて情報の一括配信には「ネットワークタイプ」

情報の更新がネットワークを介して行えるのがネットワークタイプの特長です。多店舗、事務所の各フロアーで共通の情報を配信したい、場所が異なる場合などにおすすめなデジタルサイネージです。また、つど情報が更新されるなどのリアルタイムの情報配信が必要な場合も、ネットワークタイプがおすすめです。

デジタルサイネージの活用シーン

実際に、デジタルサイネージを活用した代表的なシーンをご紹介します。こんな使い方をしたいけどどれが良いか分からない、という方は、お気軽に大塚商会にご相談ください。

活用イメージについて詳しくみる

ナビゲーションメニュー