まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

デジタルサイネージの効果測定

情報伝達の新しいスタンダード

街角でもよく目にするようになったデジタルサイネージ。効果的に情報が発信できているのかどうかを把握するため、その効果を測定してコンテンツを改善していくことが大切です。

ポスターとデジタルサイネージの費用相場を比較

デジタルサイネージを導入する際、ディスプレイ、パソコンやセットトップボックスをはじめ、コンテンツ作成費用など、1セットあたり10万~100万円ほどの初期費用が必要になります。また、電気代やメンテナンス費用など、毎月の運用費用もかかってきます。一方、紙のポスターでは、デザイン料や印刷代など、紙の大きさや枚数によって変わりますが1万~80万円ほどが必要になります。そのほか、掲載する場所を借りるのであれば、掲載費用なども毎月必要となってきます。

費用面ではデジタルサイネージと紙のポスターで、さほど差がない場合もあります。しかし、ポスターの場合は印刷代、定期的な張り替えの作業で人件費は莫大(ばくだい)になります。デジタルサイネージは音や動画を活用することができ、一つのディスプレイにさまざまなデータを繰り返し再生できるため、紙のポスターと比べて、人の目の留まりやすさに差がでてきます。さらに時間帯や天候によって、コンテンツを切り替えたり、ニュースや天気予報などのリアルタイム情報を配信したりすることも可能です。

デジタルサイネージを導入した店舗の事例

デジタルサイネージの導入には、「効率的な情報伝達」「生産性の向上」「収益アップ」「人件費削減」などの目的があります。生産性の向上や収益アップにつながった例として、ある店舗の事例をご紹介します。

店舗Aでは昼用と夜用のポスターを掲示しており、月2回更新していました。昼と夜にそれぞれのポスター張り替えの作業があり、デジタルサイネージ導入前は毎月32時間程度の工数が発生。人件費や印刷代などのコストも毎月5万円程度かかっていました。デジタルサイネージ導入後は、データの設定とデータの差し替えで毎月2時間程度の作業で済み、クラウドの費用は毎月4,000円程度に抑えることが可能になりました。

デジタルサイネージ導入を成功させるコツ

費用をかけてデジタルサイネージを導入するならば、コストに見合った成果が得られるのかどうか、事前に把握したいもの。そのためにはデジタルサイネージを導入する前に、誰にどのようなコンテンツを見せるのか戦略を立てることが重要です。

掲示物の広告戦略

街中に掲示する広告は、ポスターであれデジタルサイネージであれ、通行人がどれだけ見たのかという閲覧回数や広告を閲覧した後のリアクションが重要となります。また、広告を設置する場所を決定するには、人通りの多い時間帯、通行人の属性や性別など、その場所の特徴を調査し、効果的な広告戦略を考えて進めることが必要です。

オフィスや工場、商業施設での情報発信

駅や商業施設、路上などでも見かけることが多くなったデジタルサイネージですが、オフィスや工場などで従業員向けの情報発信に利用されたり、商業施設での案内板などとしても利用されたりしています。情報発信が目的の場合も、広告同様に効果的に伝えられているかどうか、戦略を考えてデジタルサイネージを導入する必要があります。

導入後は効果を測定して検証することがポイント

戦略を練ってデジタルサイネージを導入した後は、本当に効果が出ているかどうかを分析し、PDCAを回しながらコンテンツを改善していくことでさらに効果が期待できます。デジタルサイネージは効果を測定できるシステムを組み込むことができるのも特長のひとつです。

効果測定の方法

デジタルサイネージの効果を測定するための判断材料として、デジタルサイネージの前の混雑度や通行人の視聴時間、視聴した人の性別や年齢などの情報を取得することができます。取得した情報をもとに想定したターゲット層と合っているのか比較し、コンテンツが適切かどうかを判断します。

デジタルサイネージも大塚商会にお任せください

デジタルサイネージはコンテンツを作って、配信するだけで終わりではありません。作ったコンテンツが効果的に発信できているのか、想定したターゲットに届いているのかなど、その効果を測定し、改善を繰り返していくことが重要です。デジタルサイネージの効果測定について、ご興味やお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。

大塚商会で導入するメリット

【無料】デジタルサイネージの豪華資料をダウンロード(全63ページ)

2021年版「デジタルサイネージの全てがこの1冊に。」を無料でダウンロード

デジタルサイネージの「失敗しない選び方」から「メーカーのおすすめ製品紹介」まで気になる情報が盛りだくさんの「全63ページ」

  • サイネージの市場や仕組みが分かる!
  • サイネージの利用用途が分かる!
  • サイネージの選び方が分かる!
  • 各メーカーのおすすめ製品が分かる!
  • 事例やヒアリング項目が分かる!

資料をダウンロード
(無料)

デジタルサイネージの関連セミナー

デジタルサイネージの導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。デジタルサイネージを導入した事例をご紹介します。

ナビゲーションメニュー