法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター LED相談室

0120-957-355(平日 9:00~17:30)

法人向け
電気代削減・節電の対策にはLED照明と照明コントロール

「電気代高騰」「節電要請」の対策に役立つLED照明の活用方法

2022年、電気代は「国際情勢の影響で火力発電に必要な燃料費の高騰」により値上がりが続いています。さらに夏冬は電力のひっ迫から、節電要請が出る可能性が高く、企業は電気代削減と節電対策が必要になります。すでにLED照明への入れ替えがお済みの方、これから入れ替える方、それぞれに合わせて活用方法をご紹介します。

詳細資料を無料ダウンロード!

知っ得! 電気代値上がりと政府の節電要請対策

「電気代高騰」「節電」の背景や詳細とその対策を詳しくご紹介します!

  • 2022年の電力事情、電気代値上がりの理由
  • 夏冬の電気代値上がり
  • 電力ひっ迫対策 政府節電要請の対策

資料をダウンロード(無料)

電気代高騰と節電要請(2022年の電力をとりまく現状)

2022年は国際情勢の影響で電気代が大幅に値上がりをしています。さらに政府は7~9月の3カ月間、家庭や企業に節電を要請しています。これは、電力需給のひっ迫に備えた対策で、要請は7年ぶりとなります。

需給のひっ迫が予想される場合「需給のひっ迫準備情報」が発令されています。状況が改善されない場合、電力使用制限令や計画停電も検討されていますので、企業として節電対策が必須です。

電気代の高騰

国際情勢により火力発電に必要な燃料費が高騰し電気代が値上がりし続けています。
燃料調整費は電力会社ごとに毎月変動し、東京電力は昨年8月に比べ8円増、関西電力は4.5円増となっています。また、再エネ賦課金は全ての電力会社一律で毎年値上がりをしています。

政府からの節電要請

2022年は3月の東北地方での地震の影響などで火力発電の供給力が落ちているところに、国際情勢によるエネルギー資源供給状況の変化で電力不足が予想されています。

政府は7年ぶりに全国で節電を要請、7月1日から9月30日まで、節電への協力を呼びかけています。具体的なオフィスの節電方法としては照明の半分程度の間引きで約13%の電力削減効果があることなどが紹介されています。

また、これは夏だけにとどまらず、経済産業省は、2022年度が10年に一度の厳寒だと想定し、冬場においても電力供給が厳しくなる見通しだと発表しています。

節電にはLED照明がお手軽かつ効果的(すでにLED化している方も、これからの方も)

「電力は減らしたいが具体的にどうしたら良いか分からない」まずはお手軽かつ効果の確実なLED照明をご検討ください。「すでに入れ替えている方」、「まだ入れ替えていない方」それぞれに有効な検討の観点をご紹介します。

すでにLED照明を導入済みの方:5年以上使っていませんか?

LED照明は省電力化が進み、5年以上お使いの場合は最新のLED照明へ入れ替えることで節電効果が期待できます。10年前のモデルと比較すると約46%の電気代削減の効果が期待されます。

未導入の方はLED照明への入れ替えで電気代が約71%削減

従来の蛍光灯を直管形LEDランプに入れ替えると、電気代は約71%(試算)も削減できます。40形蛍光灯(安定器込み42W)とコストを比較してみると、直管形LEDランプを導入した場合、5年間で1本あたり約9,730円の削減効果が得られる結果になりました。

節電だけではとどまらない、照明入れ替えの効果(SDGsへの貢献)

節電は他にもSDGs(ゴール7:「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」)への貢献になる二酸化炭素排出量(CO2)の削減にもつながります。

CO2削減するメリットとして、社会からの信頼獲得、つまり国による認証を受けることで社会的信頼を得ることができます。

知っ得! 電気代値上がりと政府の節電要請対策

「電気代高騰」「節電」の背景や詳細とその対策を詳しくご紹介します!

  • 2022年の電力事情、電気代値上がりの理由
  • 夏冬の電気代値上がり
  • 電力ひっ迫対策 政府節電要請の対策

資料をダウンロード(無料)

ご興味をお持ちいただけましたら、お見積りします

他社のLED照明は値上げや納期遅延が出ています。現在大塚商会は値上げの予定はなく、在庫も豊富にあります。納期に関しては当社にお問い合わせください。

納期に関するお問い合わせ、お見積もりのご依頼など、お気軽にご相談ください。

さらなる節電を実現する大塚商会のソリューション

LED照明に照明コントロールを組み合わせると、スイッチの配線にかかわらず、こまめな節電が可能になります。

照明コントロール プラグワイズでこまめな節電

政府が推進する節電対策として照明を半分程度に間引きがありますが、プラグワイズなら人がいない場所をこまめに消灯することで節電ができます。

LED照明に「無線スイッチ」を取り付けることで、既存のスイッチの範囲にかかわらず、不在の席だけ、消したい場所だけをピンポイントでON/OFFできるます。事務所やミーティングスペースの照明におすすめです。

LED照明に関連する資料を無料でダウンロード

具体的な補助金・助成金に関する資料から、楽しい読み物までLED導入に役立つ資料を幅広くそろえました。ぜひご覧ください。

LED関連資料をまとめました【照明で働き方改革】

総務の方必見!「コスト」と「手間」をダブルで削減する方法

LED照明のほかにも、コスト削減できる方法はまだまだあります!

面倒な「手間」を減らして「コスト」も削減できる、総務の皆さんが得するとっておきのダブル削減方法をご紹介します。

総務の方必見! オフィスのコスト×手間 ダブル削減

LED照明の導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー