法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター LED相談室

0120-957-355(平日 9:00~17:30)

LED照明から「新しいLED照明」への入れ替え

LED照明を導入してから何年たっていますか?

LED照明は年々、エネルギー効率が良くなっています。もし今お使いのLED照明が5年以上経過していたら入れ替えをおすすめします。電気代の削減も可能です。

LED照明 入れ替えのチェックポイント

今お使いのLED照明の状況をチェックしてみましょう。以下の項目に1つでも当てはまったら、LED照明の入れ替えを検討してみてはいかがですか。

  • LED照明を導入してから5年以上たっている。
  • 以前より暗く感じるようになった。
  • 保証期間が過ぎている。

LED照明 入れ替えのメリット

最新のLED照明で電気代を削減

古いLED照明から最新のLED照明に入れ替えるケースが増加しています。1Wあたりの明るさが10年前のLED照明と比べると約2倍になり、その分電気代も削減できます。

直管形40形の場合

当社直管形LEDランプの場合、2011年モデルから2021年モデルに切り替えると約46%、ランニングコストが下がります。

直管形LEDランプだけでなく、水銀灯タイプのLEDもエネルギー効率が良くなっています。例えば当社水銀灯タイプ80Wの場合、同じ消費電力で倍以上明るいため台数を減らせ、コスト削減が可能です。

照明制御でさらに節電&コスト削減

エリア単位での照明ON / OFF、人がいない場所の消灯など、会社や工場内の照明を制御することで無駄な電気代を削減することができます。

照明制御ソリューション

LED照明に関連する資料を無料でダウンロード

具体的な補助金・助成金に関する資料から、楽しい読み物までLED導入に役立つ資料を幅広くそろえました。ぜひご覧ください。

LED関連資料をまとめました【照明で働き方改革】

総務の方必見!「コスト」と「手間」をダブルで削減する方法

LED照明のほかにも、コスト削減できる方法はまだまだあります!

面倒な「手間」を減らして「コスト」も削減できる、総務の皆さんが得するとっておきのダブル削減方法をご紹介します。

総務の方必見! オフィスのコスト×手間 ダブル削減

LED照明の導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー