インクジェットプリンターとレーザープリンターの違い!

インクジェットにできること、レーザーにできること

プリンターの印刷方式の違いでよく耳にする、インクジェットとレーザー。これは単なる印刷方式の違いだけでなく、それぞれに得手不得手があります。今回はその違いをご紹介します。

インクジェットとレーザーの違いが分かる比較表

インクジェットとレーザー、それぞれの機能や特徴を表にまとめました。それぞれ、どんなメリットがあり、何がデメリットになるのか、まずは比較表でチェックしましょう。

項目インクジェットレーザー
印刷方式インクトナー
印刷速度遅い早い
解像度高い低い
印刷コスト高い安い
機器代金安い高い
交換部品コスト安い高い

得意ジャンルについて

インクジェットプリンターはその名の通り、インクを用紙に吹き付けることで印刷します。レーザープリンターは、トナーと呼ばれる粉をドラムで圧着して印刷します。インクのほうが色の再現性が高い反面、普通紙などの場合は色がにじんでしまうことがあります。
そのためインクジェットプリンターは写真などの印刷、レーザープリンターはドキュメントの印刷に向いていると言えます。

コスト面について

本体価格を比べるとインクジェットプリンターに軍配があがります。しかしインクジェットプリンターの場合、インクが高額であり、また定期的にヘッドクリーニングが必要で、その際のインク消費量が多くなります。トナーは単価は高いですが、印刷可能枚数も多いため、印刷部数が多い場合はコスト面から考えるとレーザーのほうが適していると考えられます。

インクジェットとレーザー、どちらを選ぶべき?

単純に導入のコストを考えた場合はインクジェットプリンターのほうがより、安価に導入ができます。少数の写真やイラスト、ポスターなどの印刷を行う場合は、インクジェットプリンターのほうが優れていると考えられます。しかし、印刷物の主体が企画書などのドキュメントであったり、印刷枚数が膨大になる場合はレーザープリンターのほうがよいでしょう。

インクジェットプリンターの場合は、普通紙に印刷すると色がにじみやすくなるので、適切な用紙を選ぶ必要があります。そのため枚数が多い場合はコスト面でデメリットとなります。会社の利用シーンを検討したうえで、より適したプリンターを選びましょう。

プリンターやコピー機の導入
を検討しているなら

多様なインクジェットプリンター・レーザープリンターをご用意しています

大塚商会ではインクジェットプリンターもレーザープリンターも、各社の製品を取りそろえております。製品選定にお悩みの場合はご提案や、アフターサポートも行っておりますので、ぜひご相談ください。

また、レーザープリンターでも複合機と同様のカウンター保守が可能な機種やプリンター以外の複合機、プロダクション機(POD)なども合わせてご提案可能です。

製品やソリューションに関するご相談、お見積りはこちらから。

最適な製品を教えてほしい」「 この機種の価格は?」「 費用はいくらくらい?」などのご相談も承っていますので、気になることはお気軽にご相談ください。

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00136221