まずはお気軽にお問い合わせください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

省スペースで多彩な用紙への印刷が可能! M-PaCプリンター

名刺や封筒の印刷は、安いコストですぐにできる「社内印刷」がおすすめ

名刺や封筒などの印刷は業者におまかせするものと思い込んでいませんか? 実はプリンターでも特殊な用紙への印刷が可能です。ビジネスの幅が広がるM-PaCプリンターをご紹介します。

さまざまなビジネスシーンで活躍する「特殊用紙」への印刷

通常のコピー用紙以外の特殊用紙への印刷には、名刺のような厚紙や、封筒のような袋状のもの、クリアファイルのような紙以外への印刷など、さまざまなものがあります。こうした印刷は通常、印刷業者などに外注することが多いですが、M-PaCプリンターなら自社で対応することが可能です。例えば、M-PaCでは以下のような用紙への印刷が可能です。

名刺/封筒/はがき/耐水紙/ラベル用紙/POP用紙 など(注)

こうしたものが社内で印刷できることで、企業の販促品を小ロットから作成することができ、名刺なども数枚からでも気軽に作成できます。いざ大量に必要な場合でも用紙などの資材費のみで作成できるので、必要な時に必要な分だけ印刷することが可能になります。では、具体的な利用シーンや利用イメージを見てみましょう。

  • (注)一部対応できない機種もございます。詳しくはお問い合わせください。

名刺印刷

名刺作成において重要なポイントの一つが用紙です。名刺はある程度の厚みがあり、しっかりした紙が求められます。紙質や色合いなど、選ぶ用紙によって相手に与える印象が大きく違ってきます。

M-PaCプリンターでは通常の名刺用紙のほか、裁断機のいらないミシン目が付いたものや、光沢のあるタイプ、発色に優れ、写真入り名刺にピッタリなものなど、さまざまな用紙に印刷することが可能です。

封筒

社用の封筒には、自社のロゴマークや住所などを掲載する必要があり、通常は外注となりますが、M-PaCプリンターであれば、自社で封筒への印刷も行えます。

安心の国内メーカーの封筒に対応し、さまざまなサイズや色の封筒に対応しています。ビジネスシーンでよく使われる角形・長形の封筒はもちろん、招待状や案内状などのご挨拶にふさわしい洋封筒、景品送付やダイレクトメールとしても映えるピュアホワイトの封筒など、用途に合わせた印刷が可能です。

クリアファイル/耐水紙/ラベル印刷など

M-PaCプリンターで印刷可能な用紙にはさまざまなものがあります。

例えばクリアファイルは、気軽に販促品として用意ができ、大規模なセミナーイベントなどでの資料配布に役立ちます。光沢や厚みがあり印刷するだけで使える耐水紙なら、屋外ポスターや掲示物、プライスカードにも利用できます。

その他、ラベル印刷やはがき印刷など多様な用紙に印刷できるので、ぜひ業務にご活用ください。

M-PaCなら印刷だけではなく
管理も安心!

M-PaCプリンターなら管理負荷が軽減されます

M-PaCプリンターとは印刷1枚あたりの単価で保守料金をご請求する「カウンター方式」のプリンターのことを言い、管理負荷を軽減する各種リモートサービスが備わっています。

トナーが切れる前に自動でセンターへ連絡を行いトナーを配送してくれる「トナー自動配送サービス」や、機器からの通信情報をもとにリアルタイムで状態を診断し必要に応じてエンジニアが訪問点検を実施し機器の故障を未然に防ぐ「遠隔保守診断サービス」など、ほかにも充実の保守サポートがついているので安心です。

さまざまな印刷が可能で、管理もしやすいM-PaCプリンターの導入は大塚商会にご相談ください。

便利機能に関連する記事

  • 年賀状の大量印刷も複合機やプリンターが大活躍

    複合機やプリンターで年賀状印刷が簡単にできることをご存じでしょうか。年賀状に宛名印刷からデザイン印刷まで、1台あれば完結できます。便利な年賀状印刷の方法をご紹介します。

    [2020年11月11日公開]

  • 複合機のコピー機能

    コピー・プリンター・スキャン・FAX(ファクス)などさまざまな機能を持つ複合機。今回は、最も一般的なコピー機能について、知っていると役立つ便利機能を4つご紹介します。

    [2020年 8月 7日公開]

  • 複合機やコピー機の選び方

    複合機やコピー機を選ぶ際、価格やインク、印刷速度に注目しがちですが「機能」も重要なポイントの一つ。複合機を上手に活用すればコスト削減や業務効率向上が可能になります。

    [2020年 5月18日公開]

  • 紙の「三つ折り」「Z折り」を複合機・プリンターで簡単に自動折り

    印刷した紙を手で折ってはいませんか? 二つ折りや、三つ折り、Z折りなど、手間なくきれいに自動で折ることができる複合機・プリンターの「仕上げ機能」についてご紹介します。

    [2019年10月24日公開]

ナビゲーションメニュー