Microsoft(マイクロソフト)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

Microsoft(マイクロソフト)製品 お問い合わせ窓口

03-3514-7580(平日 9:00~17:30)

Microsoft(マイクロソフト)
Microsoft Azure(マイクロソフト アジュール)

サーバーの設置には、時間もコストもかかるとお悩みではありませんか。
Microsoft Azureは、マイクロソフトが全世界で管理するデータセンターを利用して、使いたいときに使いたい容量を自由に設定できる仮想サーバーです。日本にも専用データセンターが設置され、より安心して手軽に利用可能な環境が整っています。

マイクロソフトが全世界で管理するデータセンターでWindowsとLinuxの仮想マシンやアプリケーション、インフラストラクチャをすぐに利用できるクラウドサービスですので、お客様自身でサーバーを新たに用意する必要はありません。使用したいスペックを選んで、設定すると約5分後にはサーバー稼働が始まり、接続はVPN(Virtual Private Network)で社内とも安心して利用可能です。利用料金は、時間制を採用しており「ちょっと移行のテストで使いたい」など手軽にサーバー環境を手に入れたいお客様におすすめです。

Microsoft Azureの特長

ハードウェア購入不要:ハードウェアを購入せずにサーバー利用可能なため、資産から経費への運用が可能です。

従量課金制:利用した時間のみ課金されます。

伸縮自在:利用途中でのサーバーのスペックアップ、不要時のサーバー削除なども可能です。

即時性:わずか5分で仮想マシン稼働で、迅速なビジネスの立ち上げを支援します。

社内接続:VPN機能で社内ネットワークとの接続も可能です。

運用の委託:ハードウェアのメンテナンス工数不要です。人的コストの削減にも寄与します。

Microsoft Azureの活用例

社内に設置(オンプレミス)のサーバーと同期し、バックアップ用としてデータの一元管理を行ったり、Hyper-Vをご利用のお客様でもクラウド上へ移行も可能です。

活用例1-新規社内サーバーとして

ハードウェアを購入せずにサーバーの利用が可能なため、コストを抑えたい方におすすめです。VPNで社内ネットワークとも安全に接続可能です。

活用例2-BCP対策として

社内サーバーとMicrosoft Azure上の仮想サーバーを冗長化、同期しておけば、万が一の事態への対策もリーズナブルに行うことができます。

活用例3-検証・開発環境として

従量課金というサービスの特長を活かして、検証用に利用してみるのはいかがでしょうか。サポート終了を控えたWindows Server 2003をWindows Server 2012への移行検証など、開発プラットフォームとして手軽に利用が可能です。

Microsoft Azure Site Recovery 導入支援サービス

Azure Site Recovery(ASR)は、Microsoft Azureを利用した災害対策(DR)ソリューションです。高いコストや仕組みの複雑さなどから、災害対策システムの重要性は分かっていても実際には構築できていなかった企業がこれまでは多い状況でした。

Azure Site Recovery で手軽に災害対策に備える

ASRによって、マイクロソフトが運用する信頼性の高いパブリッククラウド環境に企業内システムを自動的に複製することができ、災害時に社内環境が機能しなくなった場合でも、DRサイトに切り替えて業務を続けることができます。ハードウェアの購入・管理の手間なく、企業にとって重要なアプリケーションの保護・回復を行うことが可能です。

大塚商会の「ASR導入支援サービス」では、お客様の要件に合わせたワークショップやアセスメントサービス、復旧計画の策定から、オンプレミス上のHyper-V環境設計と構築、System Center VMMの構築、構築後の切り替え・切り戻しテストまで導入に必要な一連のサービスをご提供します。

Microsoft Azureについて、お気軽にお問い合わせください。

クラウド連携ストレージソリューション StorSimple

MicrosoftのStorSimple(ストアシンプル)は、Microsoft Azureとの自動連携機能を備えたハイブリッド型ストレージです。近年、企業が取り扱うデータは爆発的な増加を続けており、データ管理、コスト最適化、災害対策環境の構成が課題となっています。

データの保存先はアクセス頻度で自動振り分け

StorSimpleにより、ストレージコストの最適化やデータ保護を実現しつつ、エンドユーザーにとって快適なデータアクセス環境も提供します。データへのアクセス頻度に応じてローカルのSSDとSAS HDD、Microsoft Azureと格納場所を自動的に振り分け、最大500TBのデータを管理できます。Azureストレージへ格納されるデータは、自動的に暗号化されて送信、格納されるため、盗聴などのセキュリティリスクを回避できます。

大塚商会では、このクラウド統合ストレージStorSimpleの導入をご提案します。

Microsoft Azure StorSimpleの詳細、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

Microsoft Azure 関連システム紹介

Microsoft System Center(マイクロソフト システムセンター)

サーバーの運用は1台ずつ、それぞれに管理が必要で、手間がかかるとお悩みはありませんか。マイクロソフト System Centerなら社内のサーバーだけでなく、クラウド上のサーバーも一元管理が可能になります。ハイブリッドクラウド環境(社内のクラウドとインターネット経由のクラウドサービス)を効率よく利用するのに役立ちます。

Microsoft Azure 導入支援サービス

大塚商会で提供している、Microsoft Azure 導入支援サービスをご案内します。

導入前フェーズ

サービス名説明
Azure仮想マシン
技術ワークショップ
Azure仮想マシンを社内システムとして利用するにあたり、マイクロソフト製品専門エンジニアより、導入のポイント、技術情報などをワークショップ形式で技術提供(スキルトランスファー)を行います。
Azure導入アセスメントサービス実際の導入目的を想定した技術的なポイントを踏まえ、ワークショップ、移行アセスメント、評価導入支援、トライアル移行を実施し、お客様のAzure導入検証を支援します。

導入フェーズ

サービス名説明
基本設計サービス仮想マシン、ネットワーク、ストレージ、冗長化設計、キャパシティプランニング等を実施、お客様のAzure利用を支援します。
仮想マシンバックアップ設計/導入サービスAzure上の仮想マシンのシステムバックアップ、データバックアップ設計および設定を実施します。
仮想マシン移行サービス既存環境で稼働しているサーバーをMicrosoft Azure環境への移行を実施します。
仮想ネットワーク接続サービス社内ネットワークとMicrosoft AzureをVPNで接続するためのネットワーク設計、機器設定の設計を行います。
バックアップ遠隔保管サービスARCServe D2Dを利用し、オンプレミスのサーバー上のデータをAzureストレージ上に保管する設計を行います。
SQLログ配布導入サービスお客様が所有するSQLサーバーの障害、災害対策として、Azure上にログ配布機能を利用したデータ複製を行います。

Microsoft Azureについて、お気軽にお問い合わせください。

Microsoft(マイクロソフト) 導入事例をご紹介