Microsoft(マイクロソフト)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

Microsoft(マイクロソフト)製品 お問い合わせ窓口

03-3514-7580(平日 9:00~17:30)

たよれーる AzureゲストOSレンタル

パブリッククラウドを月額固定でお手軽に活用できる運用支援パッケージ

Microsoft Azureの強固なインフラやデータ多重化などのメリットを生かしつつ、月額固定で利用できるため価格も安心! Azure上の仮想サーバーは社内サーバーと変わらずご利用いただけます。

大塚商会の「たよれーる Azure ゲストOSレンタル」がご提供する機能

構築から運用・バックアップ、復旧支援までパブリッククラウドの活用を強力にサポートします。

サービス内容詳細
(1)仮想サーバー提供サービスMicrosoft Azure上の仮想サーバーを提供します。提供する仮想サーバーの構築(CPU、メモリー、ディスク等)は、サービス範囲内でお客様に指示いただきます。
(2)受付サービスコンタクトセンターでの運用、環境、操作、および障害の原因切り分けに関するお問い合わせの受け付けを行います。
(3)運用支援サービスOSに関するお問い合わせ対応、およびMicrosoft Azure障害のMicrosoft社へのお問い合わせエスカレーションを行います。
(4)サーバー通報サービス ( BOM )仮想サーバーにエージェントツールをインストールし、Windowsのイベントログに出力されたエラーやアラートをコンタクトセンターに通報します。コンタクトセンターでは到着した通報の内容を解析し、対応が必要と判断したアラートについて対応を実施します。
(5)リモートサービス ( Rview )コンタクトセンターからリモートにてサポート上で必要なログの収集や調査、およびメンテナンス作業を実施します。
(6)バックアップ取得サービスバックアップの取得は1日に1回の定期実行とし、バックアップデータは30世代を保管します。バックアップ時間はお客様にご指定いただきます。(30分単位まで指定可能)
(7)復旧支援サービス(6)で取得したバックアップを使用し、仮想サーバー全体をリストアし復旧作業を実施します。

サービスメニューの構成

AzureゲストOSレンタルでは、お客様の利用用途により各種VMインスタンス、SQLサーバーなどを選択いただけます。

Azure上に1つのアドレス空間(ネットワークアドレス)を提供します。ネットワークアドレスを複数必要とする構成の場合は、ネットワークアドレス1つにつき「基本メニュー」を追加契約いただく必要があります。

  • * 仮想サーバーの台数のかかわらず、基本メニューの契約が必要となります。

CPUのコア数やメモリー数を確認し、サーバーの用途に合ったスペックを選択します。Av2シリーズ、Dv2シリーズをご用意しています。

標準でシステム領域(Cドライブ)として127GBが提供されますが、データ領域として容量追加が必要な場合、100GB単位でディスクを追加することができます。仮想サーバーのサイズによって接続できるディスク数に制限があります。

Azureで利用できるSQL Serverライセンスを提供します。仮想サーバーのコア数に合わせてSQL Serverオプションのコア数を選択します。

6重レプリカで手軽に安価な災害対策としても最適

AzureゲストOSレンタルでは、東日本と西日本で地理冗長の構成が取られたストレージ ( Geographically Redundant Storage ) を利用しています。

東西のデータセンターで大切なデータを保管。障害・災害など、BCP対策にも有効です。

大切なデータだから

バックアップは1日に1回取得、30世代保管します。障害により復旧が必要な場合は仮想サーバー全体をリストアします。

Microsoft(マイクロソフト) 導入事例をご紹介