まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

セキュリティエンジニア養成講座

EC-Council認定のセキュリティエンジニア向けトレーニング

本講座は最新のセキュリティ事情を加味し、網羅的かつ体系的に実践的な技術を学ぶことができるEC-Council認定のセキュリティエンジニア向けトレーニングです。

EC-Councilとは?

EC-Councilが提供するセキュリティエンジニア向けコースは、世界的に有名な資格の一つで認定ホワイトハッカー(CEH)やネットワークディフェンダー(CND)コースなどがあり、世界145ヵ国以上で累計45万人を超えるトレーニングを行い、さらに18万人以上の情報セキュリティ専門家が認定者として活躍しています。
また、EC-Councilの認定資格は、EC-Councilが「情報セキュリティ技術者として、一定水準以上の技術力を持つこと」を認定する資格です。

サービス概要

基本コース

高度な防御を実現するため、攻撃者の手口や考え方を深く理解した上で各目的別コースへお進みいただくことを推奨します。

CND(認定ネットワークディフェンダー)

CNDはセキュリティエンジニアを養成する講座です。ネットワークエンジニアをセキュリティ・エンジニアに育成する目的で開発されたコースウェアです。

CEH(認定ホワイトハッカー)

CEHv9は、ホワイトハッカーを養成する講座です。合法的にハッキング技術を学び、ハッカーの手法を習得いただく目的で開発されたコースウェアです。

  • * 本サービスは「グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)」が提供するサービスとなります。

主な特徴

仮想環境(iLabs)

iLabsは、EC-Council社が仮想環境上に用意した演習用Labです。必要なのはインターネットに接続可能はPC1台とWEBブラウザーだけ。講座開始から半年間利用できますので、講座終了後も自習やテスト対策の復習に利用可能です。

日本語環境での実施

本コースウェアは、セキュリティの専門家(日本人講師)による、日本語化コンテンツを利用します。

価格

概算費用(税別)398,000
  • * 上記費用はCND(認定ネットワークディフェンダー)を3日間 10:00〜18:00で受講した際の費用です。

セキュリティの導入事例をご紹介