eValue Vについて、選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-369-877(平日 9:00~17:30)

統合型グループウェア
eValue V(イーバリュー ブイ)

「eValue」シリーズは企業のグループワークに必要な機能を網羅した統合型グループウェアです。ワークフロー、ドキュメント管理、スケジューラ、コミュニケーションの機能を統合しポータル化。このたび、UIと機能を一新し、「eValue V」としてリニューアルしました。今後もさらなるお客様の業務効率化をご支援します。

eValue Vの主な機能

「eValue V」は、情報系ソリューションとして、「ワークフロー」 「ドキュメント管理」 「スケジューラ」「コミュニケーション」の主要機能で構成されています。それぞれは、シームレスに連携しながら企業内の情報を一つに統合します。

ワークフロー

「帳票の電子化」だけでなく、申請フォームに承認ルートや運用ルールを埋め込んだ「簡単ルート管理」で「内部統制」に対応した業務プロセスの標準化を支援するワークフローシステムです。

eValue V ワークフロー

ドキュメント管理

「複合機連携」による紙文書の電子化、高度な「検索機能」でのナレッジ発掘、「セキュリティ機能」による印刷や持ち出しの制御など、ナレッジの体系化と共有を実現します。

eValue V ドキュメント管理

スケジューラ

日々のスケジュール管理だけでなく、「会議開催調整」「行動予定」「施設予約」など、スケジュール登録と連動してさまざまな業務活動をサポートします。

eValue V スケジューラ

コミュニケーション

セキュリティを考慮した情報の伝達や情報を周知させるための機能をご提供。社内のコミュニケーションの活性化を実現します。

eValue V コミュニケーション

基幹業務との連携

これまで培ってきた基幹システムと情報システムの融合を実現。RPA機能として活用できる「業務予定」の登録など、お客様の業務をより強力にバックアップします。

SMILE V(スマイルブイ)

お客様からの声を反映する製品開発<株式会社OSK>

株式会社OSKが開発した「eValue V」の前身である「eValue NS 2nd Edition」は、グループウェアとして長い歴史を持ちながら、お客様からの要望に合わせ機能拡張し、進化をし続けています。新しい機能をどのようにして取り入れているのか、開発の裏側を同社マーケティング部担当者に聞きました。

メーカー担当者が熱く語る「メーカーズボイス」~eValue NS 2nd Edition編~

グループウェア 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。グループウェアを導入した事例をご紹介します。

ナビゲーションメニュー