クラウド型OCRソリューション(請求書・納品書)

請求書や納品書の様式は発行する各社によってさまざまで、その管理やデータ化には手間がかかっていました。OCRを活用すれば入力業務を大幅に軽減でき、業務効率の向上が期待できます。

請求書・納品書の管理・電子化

取引先から各社さまざまな様式で送られてくる請求書や納品書の管理、データ化は大変ではないでしょうか。紙を見ながらデータを一つ一つ手作業で入力することは、膨大な作業時間を要します。さらに入力ミスや入力漏れがないかのチェック業務も必要となります。この一連の作業はOCRを活用することで簡単に請求書や納品書の管理・電子化が可能となり、飛躍的に業務効率化ができます。

OCRとは

OCRは、「Optical Character Reader(またはRecognition)」の略で、日本語では光学文字認識機能といいます。紙をスキャンして書かれている文字部分を認識し、文字データとしてデジタル化する技術です。OCRは、スキャンで文字を読み取ると同時に文書がデータ保存できるので、今まで人が行っていたデータ入力作業の手間を軽減できます。さらにAIを搭載し、学習をさせることで文字認識精度が向上する「AI OCR」も登場しました。

AI搭載で処理能力が向上

以前のOCRは決まった書体でしか読み取りができませんでした。そのため、各社さまざまな様式がある請求書・納品書の読み取りには限界がありました。しかし、技術革新やAIを搭載したOCRが生まれ、書体が変わっても認識できるOCRのほか、製品によっては手書きの文字も読み取れるものまで登場。文字認識精度が格段に向上したことにより用途が広がり、今までは人が行わなければならなかった紙文書のデータ入力も、OCRが代わりにできるようになりました。読み取ったものがそのままデータ化されるため、他システムとの連携も可能となり、さらに業務負担の軽減に貢献しています。

OCR活用で請求書・納品書業務を効率化

OCRを活用することで請求書に記載された請求日、請求元名称、請求金額など、請求書処理業務に必要な情報を自動でデータ化できます。納品書では納品日、仕入れ先名称、商品名などの情報を自動でデータ化します。データ化された請求書や納品書は、CSV出力により会計システムや銀行支払いシステム、仕入れ管理システムなどへの連携が可能です。処理業務の効率化により、お客様本来のコア業務に専念することができます。

OCRを活用して
請求書・納品書処理作業の
業務効率化を加速

大塚商会ではAI搭載のOCR製品をご用意しています

AI搭載のOCRを活用することで、請求書や納品書にかかる業務処理時間の短縮や人為的ミスの削減を実現できます。「資料がほしい」「価格を教えてほしい」「導入・準備にどれくらい時間がかかるのか」など、まずはお気軽にご相談ください。お客様の導入目的や環境に合わせて、分かりやすくお答えします。

RICOH Cloud OCR for 請求書 / 納品書

OCRによる一括データ化、CSVファイルでの出力で他システムと連携でき、納品書・請求書の処理業務が効率化します。基幹業務システム「SMILE V」シリーズをはじめ、他基幹業務システムと連携させることで、書類の電子化・ペーパーレス化をスムーズにします。

RICOH Cloud OCR for 請求書

RICOH Cloud OCR for 納品書

SMILE V

RICOH Cloud OCR for 請求書について動画でご紹介

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:2分27秒]

書き起こしテキスト付きの動画ページを見る

リコー独自の帳票解析技術と画像処理技術を搭載したAIが請求書を文字データ化するクラウド型OCRソリューション「RICOH Cloud OCR for 請求書」を動画でご紹介します。

【無料】複合機の知恵袋(コラム)がカタログになりました(全28ページ)

この一冊で複合機でできることが分かるカタログを無料でダウンロード

複合機とは何か? 事務・営業・経営の立場から複合機の利用シーンをまとめてご紹介します。

  • 複合機でできること
  • 意外と知らない便利機能
  • 知っていると得をする節約術
  • 複合機で業務効率化?

など

資料をダウンロード(無料)

ナビゲーションメニュー