まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

ハイブリッドファイルサーバー/ハイブリッドストレージサーバー

オンプレミスとクラウドの長所をいいとこ取り!

ハイブリッドファイルサーバー/ハイブリッドストレージサーバーは、オンプレミスのデータをAzureのクラウド環境へ同期し、簡易な容量拡張とデータの高速アクセスを両立した新しい形のファイルサーバーサービスです。

ファイルサーバー オンプレミスとクラウドの課題

オンプレミスの課題
  • 将来を見越した容量を用意することで余分な初期投資が発生
  • 導入後の容量拡張がしづらい
  • BCP対策が別途必要
クラウドの課題
  • ファイルアクセスは回線速度に依存
  • 別途VPNが必要で回線費用が高額

ハイブリッド構成で解決!

オンプレミス×クラウドのハイブリッド構成

オンプレミスとクラウドを組み合わせることによって、ファイルサーバーのフレキシブルな容量拡張が可能になり、初期費用を抑えて導入可能です。利用頻度の高いファイルはオンプレミスにもファイルが保持されるので、素早くアクセスできます。オンプレミス・クラウド両方にファイルを置くことでBCP対策も容易に実現します。

Azure File Syncとは

Azure File Sync

マイクロソフト社が提供するクラウドサービス「Azure」のサービスのひとつ。
WindowsサーバーのデータをAzureのクラウド環境へ同期するサービスです。

  • 全てのファイルがクラウドに同期されます。
  • 利用頻度の高いファイルは、サーバー側にもデータが保持され、高速なデータアクセスが可能です。
  • 利用頻度の低いファイルは、最低限のファイル情報(メタデータ(注))のみサーバー上に存在。オンプレミスの容量圧迫を防ぎます。
  • (注)メタデータ:あるデータそのものではなく、そのデータを表す属性や関連する情報を記述したデータのこと。

Microsoft Azure

Azure File Sync ご利用イメージ

本サービスの特長

簡単BCP対策

オンプレサーバーにファイルを登録するだけで、自動的にクラウドのAzure上にファイルが複製されます。

必要な時に容量追加

最初は容量1TBからスタート。いっぱいになったらクラウドに必要な分を追加できます。

Azureの利用料金も全部コミコミ

通常Azureでは契約容量とは別にデータ転送量に応じた従量課金が発生しますが、それも含めた価格設定です。

ご提供価格

ハイブリッドストレージサーバー

【サービス内訳】
サーバーハード修理サービス/サーバー運用支援サービス/AzureFileSync1TB
月額29,800円(税別)

ハイブリッドファイルサーバー(仮想モデル)

【サービス内訳】
AzureFileSync1TB
月額20,000円(税別)

オプション「AzureFileSync1TB追加」

仮想モデルは最大9パック(合計10TB)まで追加可能
ストレージサーバーは4パックまで
月額18,000円/1TB(税別)

主な注意事項/制限事項

ハイブリッドストレージサーバー(単体版)

  • 当社指定構成サーバー(NAS)の新規導入が必要です。
  • 用途はファイルサーバー限定です。他の機能はご利用いただけません。

ハイブリッドファイルサーバー仮想モデル

  • 同じサーバーで他の機能やアプリケーションを運用する場合は、別のゲストOSを構築してください。
  • 別途Hyper-Vリモート運用支援サービスなどのご契約が必要です。
  • AzureFileSyncをインストールするゲストOSに、最低1TB(Hyper N-Packは1.2TB)の空き容量が必要です。

その他

  • インターネット接続(100Mbps以上の光回線)が必要です。
  • ウイルス対策サービスは別途ご用意ください。

ナビゲーションメニュー