法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター LED相談室

0120-957-355(平日 9:00~17:30)

教室内が明るくなると気持ちも明るく強くなる。蛍光灯、ダウンライト、水銀灯、投光器など、校内をLED照明化して、より良い教育環境に!

学校法人 朝陽学院 様

2017年12月公開

導入LED照明タイプ
直管蛍光灯タイプ、ダウンライトタイプ、水銀灯・投光器タイプ
設置環境
学校
改善点
  • コスト削減・節電
  • CO2削減
  • 害虫対策
  • 交換工数軽減

お客様の声

  • 多くの提案が器具ごと交換するものだったが、大塚商会では従来の蛍光管と、安定器をLEDランプと給電ユニットに交換するという方法だった。そのため初期費用を劇的に抑えることができ、取り替えのための工期も短縮できると推測できた。また、詳細なコストシミュレーションにより、3年以内でコスト回収が見こせることや、導入の副次効果として期待できるCO2削減や環境保護に貢献することが、教育現場として重要だという思いもあった。
  • 大塚商会のLED照明は、業界トップクラスのシェアを持つ日亜化学工業製のLEDチップを採用していて製品に対する「自信」や、日本全国さまざまな業種での「導入実績」は、発注担当者にとって心強く安心材料になった。
  • どのくらいの明るさが適切なのか、ワット数を変えると明るさがどのくらい変わるのか、どんな種類や色のLED照明があるのかなど、さまざまな角度から最適な照明プランを検討提案してもらった。また、水銀灯タイプには安全性に配慮して「体育館用ガード」「落下防止ワイヤー」を取り付け、シャワー室・更衣室には防滴タイプ、黒板灯は角度変更タイプを選ぶなど、多くの経験に基づいて設置場所に適した照明を選んでもらった。
  • 導入後、LED照明に替えた教室に入った瞬間、視野が明るいことに驚き、室内が明るいことは、教育的に「値打ちがある」ことだと直感した。室内が明るいと、生徒の気持ちも明るく、強くなり、3年間過ごす教室が、ぼんやり明るいのと、くっきり明るいのとでは、生徒たちに与える影響は全然違ってくるはず。従来の蛍光管の場合、頻繁な交換で蛍光管が不ぞろいになり明るさにムラがあったが、LED照明なら光の放射が教室全体に光を行き渡らせることができて後ろの席からでも黒板の字が見やすくなる。また、教師が教室のすみずみまではっきり見わたせるというのもメリットだと感じる。

LED照明導入写真

LED導入事例(画像1) 学校法人 朝陽学院 様

LED導入事例(画像2) 学校法人 朝陽学院 様

LED導入事例(画像3) 学校法人 朝陽学院 様

LED導入事例(画像4) 学校法人 朝陽学院 様

LED導入事例(画像5) 学校法人 朝陽学院 様

LED導入事例(画像6) 学校法人 朝陽学院 様

LED導入事例(画像13) 学校法人 朝陽学院 様

LED導入事例(画像7) 学校法人 朝陽学院 様

LED導入事例(画像8) 学校法人 朝陽学院 様

LED導入事例(画像9) 学校法人 朝陽学院 様

導入製品

  • 投光器(170W、110W)
  • ダウンライト(10W)
  • 40形ベースライト(14W)
  • 40形直管蛍光灯タイプ(21.2W、17.9W、16.7W、15.7W)
  • 20形直管蛍光灯タイプ(10.5W、8.2W)
  • コンパクト蛍光灯タイプ(18W)
  • 電球タイプ(6W)

ほか

LED導入事例(画像10) 学校法人 朝陽学院 様

ご使用ユーザー様紹介

学校法人 朝陽学院 様
大阪府大阪市阿倍野区 天王寺町南2丁目8-19

学校法人朝陽学院 あべの翔学高等学校のホームページ

LED導入事例(画像11) 学校法人 朝陽学院 様

  • * 本事例中に記載の数値、社名、固有名詞等は公開時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があります。また、掲載写真は撮影時の機材や天候などの影響により実際と異なる場合があることをご了承ください。

この事例の内容をPDFでご用意しています。(無料)

学校法人 朝陽学院 様 導入事例(PDF:1,040KB)

資料をダウンロード(無料)

学校向け照明コスト無料診断サービス

法人向けLED照明のことはお気軽にお問い合わせください。

大塚商会 インサイドビジネスセンター LED相談室

0120-957-355(平日 9:00~17:30)

この事例を見た人は、こんな事例も見ています。

LED実践事例集「LED使ってわかった削減効果」を無料でダウンロード

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)