効率的な文書管理や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1673(平日 9:00~17:30)

文書の保存(共有・セキュリティ)

紙文書もデータファイルも外部に保存することでセキュリティと安全性を確保しましょう。原本は外部倉庫で、電子化された文書は社内で簡単共有が文書管理の極意です。

文書の保存(共有・セキュリティ)をサポート

保管スペース(キャビネットなど)にも場所代がかかっています

既存の膨大な量の紙文書、紙図面、仕様書、契約書など、年々増えていく書類などを社内で管理するには広い場所が必要になります。

使用頻度が少なく廃棄できない書類は、文書保管サービスやASP型ファイル管理サービスを活用することで以下のような効果が期待できます。

  • 機密文書保管倉庫の管理で情報漏えいの防止
  • 管理コストの削減
  • オフィスのスペースの有効活用
  • 運用管理が不要でファイル管理が可能(ASP型ファイル管理サービス)

文書の保管は外部倉庫、電子化で社内共有

すべての紙文書を社内に保管することはスペースの確保が難しく、セキュリティの維持も大変です。また、BCP(事業継続計画)の観点からも好ましくありません。外部倉庫を利用すれば、高いセキュリティ機能を持つ強固な倉庫に文書を保管できます。文書の電子化で必要な時に必要な文書を電子メールで受け取ることができます。

重要書類の原本は、安心できる外部倉庫に保管

ASP型ドキュメント管理サービスで電子化文書の管理を手軽に

ASP型のグループウェアが持つドキュメント管理サービスを有効活用することで、電子化された文書を効率的に管理することができます。また、情報共有と同時に、BCPへの対応にもなります。

電子化文書の管理にはASPドキュメント管理サービスが便利

文書の保存・保管に関するサービス

文書管理 導入事例