効率的な文書管理や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1673(平日 9:00~17:30)

文書管理

社内の紙文書は、スキャニング(電子化)により資産として使いやすくし、検索性・共有性を高めることで、組織の業務効率を向上させることができます。大塚商会は、文書の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルに合わせた文書管理ソリューションを用意しています。

電子化から始まる、ドキュメントライフサイクル

  1. 発生

    スキャニング(電子化)の手間と時間を削減

    大塚商会なら、スキャン作業を全て任せられるので業務負荷を大きく削減します。
    安価・短時間で、正確な電子化が可能です。

    文書の発生(スキャニング<電子化>)

  2. 管理

    「探す」作業コストを削減

    書類探しに費やされる無駄な時間を大幅にカット。

    電子化した文書を複数システムから検索可能にしたり、日本語の検索精度を向上させたり、文書を簡単に管理・共有して、検索しやすくできます。

    文書の管理(整理・検索)

  3. 保存

    紙も電子データも、外部保存で効率化

    書類探しに費やされる無駄な時間を大幅にカット。

    紙文書の保存には場所代がかかり、電子データは放っておくとサーバー容量を必要以上に消費します。紙は外部倉庫に、データはデータセンターに預けることで、オフィスをスリム化し、セキュリティ体制を整えましょう。

    文書の保存(共有・セキュリティ)

  4. 廃棄

    溶解処理でコスト削減・安全に処分

    書類探しに費やされる無駄な時間を大幅にカット。

    シュレッダーでの処理と違い、溶解処理なら重要書類を専用ダンボールに入れるだけ。情報漏洩の心配もありません。紙以外の電子データの処理についても、サーバー容量の圧迫やセキュリティ対応など、オフィスの問題を解決します。

    文書の廃棄

その他の文書管理ソリューション

文書管理を効率的に行うためには、目的に合わせた文書管理ソリューションが必要になります。大塚商会では、用途別に各種文書管理ソリューションをご用意し、お客様のご要望に合う最適な形でご提供します。

その他の文書管理ソリューション

おすすめ関連セミナー

文書管理を進めるためのツボ

大塚商会がご提案する文書管理を進めるための「ツボ」です。簡単・確実に文書管理を実践し、効率的にオフィスから無駄や無理を省くためのポイントとソリューションをまとめました。

文書管理のツボ、ここにあります

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

文書管理 導入事例

ナビゲーションメニュー