まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

設置方法の種類について知りたい

デジタルサイネージを設置する方法はいろいろあり、天井からつるすタイプやスタンドなどがあります。スタンドタイプでも移動できるタイプやフラットベースのものなどさまざまです。

デジタルサイネージの設置方法についてご紹介します

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:2分16秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

スタンドで壁というか外に向けてやることも可能ですし、例えばもう少しということであれば天井から吊り下げたりとか、あとは壁、窓に向かってなんでアレですけど、例えば壁に掛けたりとかっていう、使うことも設置することもできます。

ミニマムで言うと、スタンドが用意されて移動もできるので。
天吊だとやっぱりスタンドの方が
そうですね、お安くなりますね。というのも設置するのに工事とかしないといけないんで、天井から金具をつけてっていう風になるので、スタンドであれば単純にモニターとスタンドを組み合わせて、外にとかっていうふうにできますし、あとは人通りが多いところに向けて、例えばいろんな窓があると思うので、じゃあ今日はここにこうとか明日はあっちにおいてみよう、とかっていう風に移動することも可能ですので。

スタンドはいろんな種類があるんですか。選べるんですか。
たくさん種類ございます。例えば、小さいお子様とかがいらっしゃるのであれば、倒れない、足がかからないようなフラットベースと呼ばれるようなスタンドもありますし、絵とか描けるような、ちょっと脚立みたいな形のイーゼルスタンドって呼ばれるものもあったりとか、結構いろいろありますね。

【無料】デジタルサイネージの豪華資料をダウンロード(全63ページ)

2021年版「デジタルサイネージの全てがこの1冊に。」を無料でダウンロード

デジタルサイネージの「失敗しない選び方」から「メーカーのおすすめ製品紹介」まで気になる情報が盛りだくさんの「全63ページ」

  • サイネージの市場や仕組みが分かる!
  • サイネージの利用用途が分かる!
  • サイネージの選び方が分かる!
  • 各メーカーのおすすめ製品が分かる!
  • 事例やヒアリング項目が分かる!

資料をダウンロード
(無料)

デジタルサイネージの関連セミナー

デジタルサイネージの導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。デジタルサイネージを導入した事例をご紹介します。

ナビゲーションメニュー