法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター LED相談室

0120-957-355(平日 9:00~17:30)

病院施設の照度基準を保つLED照明に入れ替え、年間の電力使用量が1/3にまで削減。目に優しい明るさで長期的な安全と信頼性を確保!

原泌尿器科病院 様

2022年1月公開

導入LED照明タイプ
直管蛍光灯タイプ、コンパクト蛍光灯タイプ、ダウンライトタイプ
設置環境
病院(医療機関)
改善点
  • コスト削減・節電
  • 交換工数軽減

お客様の声

  • 1979年に泌尿器科・腎臓内科および透析の専門病院として現住所へ移転し、2度の増改築と阪神淡路大震災を乗り越えた建屋の照明器具は、経年劣化もあり毎月10から20本の蛍光管の交換作業が発生しており、その在庫保管や交換の手間などが掛かっていた。今後のランニングコストや水銀を含む蛍光灯の生産中止も鑑み、LED導入を検討するようになった。
  • 同院ではさまざまなタイプの照明を使用しており、大塚商会の現地調査によってタイプと本数からコストシミュレーションを実施。複数社から提案を受けていたが、提案内容と調達・サポートといった総合力を評価し大塚商会からLED照明を導入することにした。
  • 入れ替え作業は延べ8日間で完了。診察室、CT室、結石破砕室、透析室、手術室、入院棟、エントランスや受付、廊下、階段、非常灯など多様な設備と施設があるが、各所の用途や利用状況に応じたLED照明を設置していった。その際、老朽化していた器具自体も劣化具合に応じて交換を行った。
  • LED照明への入れ替え後は、以前の蛍光灯に比べ明るさが増し、ちらつきもないことからスタッフからは評価の声が上がっている。また、長時間ベッドの上で過ごされる透析患者様や入院患者様にとって明るすぎるのではという不安もあったが、特にクレームもなく目に優しい明るさを保っている。
  • コロナ禍もあり前年比較は難しいが、事前の試算によると年間で132,000kWh→41,000kWhと、1/3にまで電力使用量を削減できている。患者様の命を預かる病院施設として必要な照度基準を保ちつつ、コスト削減が可能なLED照明に入れ替えたことで、この先、長期にわたる安全性と信頼を確保できた。

LED照明導入写真

LED導入事例(画像1) 原泌尿器科病院

LED導入事例(画像2) 原泌尿器科病院

LED導入事例(画像3) 原泌尿器科病院

LED導入事例(画像4) 原泌尿器科病院

LED導入事例(画像5) 原泌尿器科病院

LED導入事例(画像6) 原泌尿器科病院

LED導入事例(画像7) 原泌尿器科病院

LED導入事例(画像8) 原泌尿器科病院

導入製品

  • 直管蛍光灯タイプ(11.9W、7.5W)
  • コンパクト蛍光灯タイプ(15.4W、12.2W、7.2W)
  • ダウンライトタイプ(8.4W)

ほか

LED導入事例(画像9) 原泌尿器科病院

ご使用ユーザー様紹介

原泌尿器科病院 様
兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目7番17号

原泌尿器科病院のホームページ

LED導入事例(画像10) 原泌尿器科病院

  • * 本事例中に記載の数値、社名、固有名詞等は公開時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があります。また、掲載写真は撮影時の機材や天候などの影響により実際と異なる場合があることをご了承ください。

法人向けLED照明のことはお気軽にお問い合わせください。

大塚商会 インサイドビジネスセンター LED相談室

0120-957-355(平日 9:00~17:30)

LED実践事例集「LED使ってわかった削減効果」を無料でダウンロード

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、小まめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

ナビゲーションメニュー