まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

RICOH複合機でFAXをPDFで受信「Easyファクス」

受信したファクス(FAX)文書が印刷されることなく、受信データを自動でフォルダーに振り分け保存し、リネーム処理まで行える「Easyファクス」をご紹介します。

FAXをPDFで受け取れるとこんなメリットが!

FAXを外出先からでも確認できます

「Easyファクス」は受信したファクス文書の保存先を、共有フォルダーやクラウドサービス「Office365」のSharePoint または OneDrive for Business(注2)にすることができます。外出先や在宅勤務などの状況下でも、会社で受信したファクス文書を確認することができます。

  • (注2) 「Office 365」のご利用には別途、契約が必要になります。

パソコンで簡単に文書の検索ができます

ファクス受信時に自動的に保存するフォルダーをあらかじめ設定することができます。振り分けの条件(ルール)を設定できるためファクス文書の検索や管理が簡単に行えます。

紙文書の保管が不要になります

ファクス受信時に紙で印刷されることなく、受信データを自動的にフォルダーへ保存できるため、紙文書の保存スペースの確保や管理が、不要になります。
また、用紙代を節約できるため印刷コストの削減にもつながります。

振り分けするフォルダーを柔軟に設定ができます

「Easyファクス」は、複合機本体に登録されているアドレス帳と連携できるため、アドレス帳に登録された名前で振り分け先のフォルダー名やファイル名を設定することができます。また、アドレス帳に登録されているグループごとの振り分けも可能です。

Easyファクス 価格

標準価格

標準価格(税別)
50,000

保守料金

リコー製複合機1台あたり
800円/月

まずはお気軽にお問い合わせください。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

Easyファクスはサイオステクノロジーが開発したアプリケーションです

「Easyファクス」は、サイオステクノロジーが開発した株式会社リコーの複合機向けアプリケーションです。

Easyファクス(サイオステクノロジーのサイトへ移動します)

複合機・コピー機・プリンター 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。複合機・コピー機・プリンターを導入した事例をご紹介します。