まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

リコー カンタン私書箱プリント AE2

リコー カンタン私書箱プリントは、うっかり印刷を防いでコスト削減をはかり、セキュリティ対策にも大変有効で、環境に優しいオフィスを実現できます。

リコー カンタン私書箱プリント AE2 特長

こんなお困りごとはありませんか?

  • モノクロで出すつもりがカラーで印刷
  • いつも利用している複合機が使用中で、急いでいるのに印刷できない
  • 他人の印刷物と混ざってしまって仕分けが面倒
  • 出力したはずの印刷物が見当たらない
  • 部数を多く出してしまった

簡単オンデマンド印刷で解決

「リコー カンタン私書箱プリント」ならプリント時のお困りごとをカンタンに解決できます。PCや複合機に事前に特別な設定や、面倒なユーザ管理も必要ありません。

PCからの印刷ジョブが複合機にいったん蓄積され、複合機の操作パネルで削除や、印刷部数の変更ができるので、ミスプリントが削減できます。

また、印刷物の混入による仕分けも必要なくなります。さらに機密文書も他人に見られる心配がないから安心です。

あいている複合機で出力できるロケーションフリー印刷

サーバーがなくても、機器間で5台までロケーションフリー印刷(注1)が可能です。いつも利用している複合機が使用中でも、他のあいている複合機から出力できます。

  • (注1)ロケーションフリー印刷とは、出力先の複合機に蓄積された印刷文書を別の複合機から印刷できる機能です。

オンデマンド印刷ならでは「条件印刷」

  • チェック印刷
    複数部数の印刷を実行した際に、チェック用に一部だけ印刷することができます。
  • 部数変更印刷
    印刷時に指定した印刷部数を変更して印刷することが可能です。
  • 保存印刷
    印刷後、ジョブを削除せずに保存しておくことができます。
  • 片面→両面変更印刷
    片面印刷を両面印刷に変更るすことができます。

ICカード認証へ拡張可能(別売り)

はじめに、「リコー カンタン私書箱プリント AE2」を導入して運用を開始。

その後、ICカードを使った認証システム「リコー 個人認証システム AE2」へ拡張することが可能です。

リコー カンタン私書箱プリントAE2 動作環境

OS
Windows XP Home/Professional (SP2/SP3)(注2)
Windows Vista Home Basic/Home Premium/Business/Enterprise/Ultimate(SP1/SP2)(注2)
Windows 7 Home Premium/Professional/Enterprise/Ultimate(SP1)(注3)
Windows Server 2003 Standard/Enterprise(SP1/SP2)(注2)
Windows Server 2003 R2 Standard/Enterprise(SP1/SP2)(注2)
Windows Server 2008 Standard/Enterprise(SP1/SP2)(注2)
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise(SP1)(注4)
Mac OS X(10.5/10.6)(注5)
利用プロトコル
LPR(LPR)、diprint(Ridoc IO Navi、Standard TCP/IP)、IPP/IPPS(Ridoc IO Navi)
対応プリンタードライバ
(注6)
RPCS(注7)、PCL 6(注8)、PostScript(Windows/Mac OS)(注9)
その他
Citrix Presentation Server 4.5 Enterprise Edition 対応(注10)、Citrix XenApp 5.0 対応(注11)、リコーICカード(R1)認証プラグイン 3.0(注12)
  • (注2)対応OSは32bit日本語版になります。
  • (注3)対応OSは日本語版(32bit/64bit)になります。64bit版のRPCS(標準)ドライバーでは、Windowsの印刷サーバ経由時に認証ユーザー名の機能およびスルー印刷機能が使用できない場合があります。
  • (注4)対応OSは日本語版になります。
  • (注5)印刷言語はPostScriptのみとなります。
  • (注6)PDFダイレクト印刷は、蓄積対象外となります。また、モノクロの印刷データであってもプリンタードライバーでカラーとして設定された印刷は、印刷文書リストや削除ログでカラーとして表示されます。カウンターログについてはモノクロとなります。
  • (注7)RPCS(標準)ドライバーとRPCS Basicドライバーに対応しています。異なる機種間でロケーションフリー印刷を行う場合は、RPCS Basicドライバーをご利用ください。
  • (注8)PCLドライバーの印刷文書をチェック印刷または部数変更印刷する場合は、指定した設定と出力結果が異なる場合があります。
  • (注9)PostScriptドライバーを使って印刷した場合は、印刷文書の属性情報が正確ではない場合があります。
  • (注10)「ネットワークプリンター方式」「ローカルプリンター方式」「クライアントプリンター方式(リコー製ドライバー/ユニバーサルプリンタードライバー)」に対応しています。ただし、XPS ユニバーサルプリンタードライバーには対応していません。
  • (注11)RPCS(標準)ドライバーまたはRPCS Basicドライバーをお使いの場合に使用することができます。

複合機からPCまで、各種トラブル・サポートは窓口一つで対応

複合機のトラブルは、PCやネットワークが原因である可能性もあります。大塚商会は、複数のメーカーの複合機・プリンター、さらにPCやネットワークまで、専任担当者が対応するワンストップ保守サポートを用意しています。ネットワーク障害の切り分けからサーバー、パソコンの復旧まで、専任担当者が解決します。

  • * サポート内容は、ご契約条件により異なります。詳しくはお問い合わせください。

複合機の保守サポートとサービス

知って得する! 複合機の知恵袋

複合機やコピー機は、ほとんどの企業で毎日使われるもの。目からうろこの複合機の活用方法や、複合機の歴史など、お役立ち情報をまとめました。ぜひご活用ください。

複合機の知恵袋

複合機のよくあるご質問

複合機の導入に関して、お客様から寄せられたご質問の一部を掲載しています。複合機に関することなら、お気軽に大塚商会にご相談ください。

複合機・コピー機・プリンター 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。複合機・コピー機・プリンターを導入した事例をご紹介します。