心のバリアフリー

心のバリアフリーとは様々な心身の特性や考え方を持つすべての人々が、相互に理解を深めようとコミュニケーションをとり、支え合うことです。(注)そのためには、自分とは異なる条件を持つ多様な他者とコミュニケーションを取る力を養い、すべての人が抱える困難や痛みを想像し共感する力を培うことが必要です。

  • (注)「ユニバーサルデザイン2020行動計画(2017年2月ユニバーサルデザイン2020関係閣僚会議決定)」より)

大塚商会の取り組み

大塚商会では、2020年から公益財団法人日本補助犬協会の協力で心のバリアフリー推進活動を実施しています。介助犬を引退した「ケイ君」を特別社員「心のバリアフリー大使」に任命し、啓もうに取り組んでいます。ケイ君は事業所に出社し、デモンストレーションをしたり社員と触れ合いをしたりと認知を深めています。他にもセミナーの実施やデジタルサイネージを活用した情報発信をしています。心のバリアフリーを推進することで、誰もが自分の力を発揮できる活力ある組織を実現することを目指しています。東京都「心のバリアフリー」サポート企業にも登録されています。

公益財団法人日本補助犬協会