Adobe(アドビ)製品のことなら、お気軽にお問い合わせください。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

大塚商会×アドビ Creative Cloud動画
第1話『文字の形』

多彩なフォントが「オリジナル」をアシスト

貧乏長屋で一生懸命かわら版を作るC八。急な仕様変更に対応できたのは、Adobe Creative Cloudの導入でした。C八の相談役、錆田の先生のアイデアとは?

第1話『文字の形』

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:6分07秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

ここは上方、今の大阪でございますが。ここにございましたC八という男、貧乏長屋で一生懸命かわら版、つまり今で言うところの新聞やミニコミ誌のご先祖さんみたいなもんを作る仕事をしておりました。一生懸命仕事に取り掛かっておりましても版元からの急な変更要請で困らされるというのは、今も昔も変わらないようでございますが。

(版元の旦那)
……というわけやC八、近くで似たようなかわら版が増えてきよる。ここは一つ、目立つためにも見た目をウチならではのモンにしたいんや。
(C八)
そんなぁ版元の旦さん急にぃ……もう最新号は版木に彫りつけてしまいましたがな。

(版元の旦那)
そうボヤくな。頼んでないけど喜六にも手伝わしたらすぐ終わる! ゴチャゴチャ言うてるこの時間が惜しいんとちゃうか?
(C八)
……ホンマ人使いの荒いお人だっせ、へえ。やらしてもらいま。

(C八)
しかし 引き受けたはええもんの、「瓦版の見た目をオリジナルにせえ」て……どないしたもんかな。見た目……まあとにかくこういうときは錆田のセンセに聞いてみよか。
センセ、錆田のセンセ! いてはりますか?

(錆田の先生)
おうどないしたC八やないか、まあこっちお入り……ほう、ふん、ほーん、そら版元もムチャ言いよるな。
(C八)
いまさら中身を変えるわけにもいけしませんし、どないしたらええんかと。

(錆田の先生)
それなら文字の形を変える、っちゅーのはどや。C八のかわら版の字ぃは競争相手と同じやな。おまえしか使こてないモンにしたらええンやないか。
(C八)
そんなこと言わはってもセンセ、字の形を変えるって、新しい形はどこにありますねん。

(錆田の先生)
アドビのCreative Cloudにしたら、Typekit言うて文字の形はものすごい種類から選び放題なんや。そもそもC八、おまえンとこで使こてるデザインソフトはアドビの何や。

(C八)
CSの6です。死んだ親父の形見やらお母んの帯やらを売り飛ばして買うたもんで、追加であんまり高いモン買えちゅぅんは正直しんどいですわ。
(錆田の先生)
心配せんでええ、お手頃価格の月払いや。家賃を溜めてへんおまえなら大丈夫やろ。Creative CloudでTypekitしか無いと思うで。

(C八)
月払い! クリエイティブ! わっかりました! おおきにセンセ!
(錆田の先生)
おい! これ待たんかC八……行てしまいよった。大丈夫かいな……。

(喜六)
Cぃやん! C八兄ぃやん! どないなってますねん!
(C八)
やかましわい喜ぃ公、どないしたんや。

(喜六)
ハァ、ハァ……さっき版元の旦さんとたまたま道ですれ違うて、「おぃ喜六、かわら版の見た目を新しゅうする件、ずいぶん時間がかかってるやないか」て言うてはったけど、わしそんなん聞いてまへんで。
(C八)
おおそれか。そんなことならこのC八、

(C八)
アとっくの昔にィアドビの達人ンンン、錆田のセンセに相談して~ある。CS6はやめて、Creative Cloudで、Typekitや。

(喜六)
えー! わしの名前と似てるからちょっとうれしかったのに、CS6はやめてしまいまんのんか!
(C八)
あっはっは、喜六とCS6が似てるっちゅーのはおもろいな。そや、毎月ちょっとずつの支払いで使えるCreative Cloudにしたら、Typekitが使えるようになって、いきなりぎょうさんの文字の形から選び放題になるんや。早速契約しといたから、触ってみたらどないや。

(喜六)
すごい! これはすごいやん! もっと早よ使こたら良かったなCぃやん! こんなぎょうさん文字の形が使えたら、うちのかわら版もずいぶん目立ってどーんと売れるかもしれんで。よーし、プリンターフル稼働や! ラクして稼ご!

(C八)
惜しかったな喜ぃ公。うちのかわら版の持ち味は木版印刷やないか。オレが文字の形と全体の見た目を決めるから、おまえは版木を全部彫り直さんかい。
(喜六)
えー 彫りなおしぃ?

(C八)
当たり前やないかい、うちの瓦版の売りは手彫りやで、さぼりは決して許されへん。

ご請求書による決済で月締め月次払いができるのは、「たよれーる Adobe Creative Cloud」だけ! 各種クリエイティブソフトはもちろん、Typekitも使えますよ~。大塚商会の「たよれーる Adobe Creative Cloud」ぜひ、ご検討ください。

Typekit(タイプキット)とは?

「Typekit」は、Adobe Creative Cloudユーザーが利用できるフォントライブラリサービスです。日本語フォントの定番であるモリサワ書体も一部利用可能です。

Typekit(タイプキット)

月額払いができる「たよれーる Adobe Creative Cloud」

「たよれーる Adobe Creative Cloud」は、アドビシステムズのAdobe Creative Cloudに、「法人決済による月ごとのお支払い」「アドミンコンソールの問い合わせ窓口」などお客様から多い要望を詰め込んだ、大塚商会だけのオリジナルサービスです。もちろん、Typekit(タイプキット)も利用できます。

たよれーる Adobe Creative Cloud

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介