Adobe(アドビ)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)

Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)は、PDFファイルを生成するためのクライアント製品です。編集、管理など、PDFを最大限に活用する機能を提供します。

Adobe Acrobat DC

Adobe Acrobatの最新版「Adobe Acrobat DC」は、刷新されたユーザーインターフェイス、Acrobatモバイルアプリ、そしてAdobe Document Cloud(Adobe DC)サービスとの連携などにより、Acrobatのパワーをデスクトップからモバイルにまで拡張できます。いつでも、どこでも、どのデバイスからでも、一貫した操作でドキュメントを思いのままに作成、編集、共有することができます。

DCで追加された新機能

モバイルデバイスでの閲覧性と操作性も考慮した、シンプルで直感的なユーザーインターフェイスです。利用デバイスが変わっても、操作性はそのままです。

箇条書きや文字列の折り返しなど、WordやPower Pointといった元ファイルで設定された書式を保持したまま、テキストや画像の編集がより高精度に行えるようになりました。カメラで撮影した画像の文字もPDF上でOCR認識し、さらにテキストとしてそのまま編集可能な「ドキュメントマジック」も新たに搭載しました。

「Adobe Acrobat Standard DC」と「Adobe Acrobat Pro DC」

「Adobe Acrobat DC」には、「Adobe Acrobat Standard DC」と「Adobe Acrobat Pro DC」の二つのエディションがあります。それぞれの機能・環境・対応する旧バージョンの違いをご紹介します。

内容Adobe Acrobat
Standard DC
Adobe Acrobat
Pro DC
【作成機能】複数の文書を一つのPDFファイルに
結合、整理
【作成機能】紙の文書をスキャンして、
テキストの検索および選択が可能なPDFを作成
【作成機能】アクションウィザードで複数の
操作手順を自動化、一貫した方法でPDFを準備
×
【編集機能】紙の文書をスキャンして、
PDF上ですばやく編集
×
【編集機能】テキストの追加や編集をiPadで実行×サブスクリプションのみ提供
【編集機能】ページの並べ替え、削除、回転を
iOSまたはAndroidタブレットで実行
×サブスクリプションのみ提供
【Adobe DCサービス】利用できるストレージの
容量
永続ライセンス:2GB
サブスクリプション:20GB
永続ライセンス:2GB
サブスクリプション:20GB
【Adobe DCサービス】ほかのユーザーに
e-sign(電子的に署名)を依頼し、
ステータスをリアルタイムで追跡
サブスクリプションのみ提供サブスクリプションのみ提供
【Adobe DCサービス】Acrobat Readerや
モバイル(Acrobat Mobile)上でPDFの作成や
書き出しを実行
サブスクリプションのみ提供サブスクリプションのみ提供
環境Windows向けWindows/Macintosh向け
対応する旧バージョンAdobe Acrobat XI StandardAdobe Acrobat XI Pro

二つのエディションについて、詳しくは「Adobe Acrobat DC / Adobe Document Cloud 総合カタログ」をご覧ください。

Adobe Acrobat DC / Adobe Document Cloud 総合カタログ(PDF)[2,846KB・8ページ]

その他のDC製品

PDFリーダー、PDFビューアーとして、「Adobe Acrobat DCモバイル」と「Adobe Acrobat Reader DC」の二つのエディションが無償で展開されています。環境・対応する旧バージョンの違いをご紹介します。

内容Adobe Acrobat DC
モバイル
Adobe Acrobat Reader DC
環境iOS/Android向けWindows/Macintosh向け
対応する旧バージョンAdobe ReaderAdobe Reader XI

Adobe Document Cloud(Adobe DC)

新しい働き方というコンセプト、それがAdobe Document Cloud(Adobe DC)です。
Adobe DCサービスのAcrobat DCは、さまざまな文書業務を支援する強力なツールを備えているだけでなく、それらを時間や場所にとらわれずスムーズに実行できる環境を提供します。刷新されたユーザーインターフェイス、Acrobatモバイルアプリ、そしてAdobe DCサービスとの連携により、Acrobatのパワーをデスクトップからモバイルにまで拡張できます。

ライセンス体系と料金

永続ライセンス購入と、サブスクリプション購入(年額払い/月額払い)からお選びいただけます。

エディション名永続ライセンスサブスクリプション(年額)サブスクリプション(月額)
Adobe Acrobat Standard DC34,80016,5601,490
Adobe Acrobat Pro DC54,80018,9601,700

永続ライセンス

一度購入すれば、利用継続のための追加費用が発生しません。新機能やバージョンアップ版を利用する場合は買い直す必要があります。オンライン機能は一部利用可能です(ストレージ容量は2GB)。

サブスクリプション

年間契約で、年間または月額で支払う方法です。アップデートや追加された機能を、追加費用なし任意のタイミングで使用できます。提供しているオンライン機能を全て利用できます(ストレージ容量は20GB)。エディションにより提供される機能は異なります。

たよれーる Adobe Acrobat DC

「たよれーる Adobe Acrobat」は、「Adobe Acrobat DC」と、大塚商会の「たよれーる」サポート&サービスを組み合わせたサービスです。サブスクリプション方式でのご提供なので、追加料金なく、常に最新機能やセキュリティのアップデートをご利用いただけます。ライセンス管理の一元化、ライセンス数の増減のしやすさでコストダウンなどのメリットがあります。

サブスクリプション購入をお勧めする四つの特長

いつでも・どこでも作成・編集できる

iOSやAndroidデバイスなど、Acrobatがインストールされていない環境からでも、Webブラウザー経由でPDF作成などが可能です。 オンラインストレージを20GB利用できるため、サイズが大きなファイルのバックアップやデータ共有にも活用できます。

Creative Cloud グループ版と一緒に管理

Creative Cloud グループ版をご利用なら、同じ管理画面上でAcrobatも管理できます。利用者を指名して運用できることでライセンス管理のコンプライアンス向上につながります。コスト予測がしやすく、また低い初期投資額から始められます。

たよれーる Adobe Creative Cloud

いつでも最新の機能を利用可能

ソフトウェアのバージョンアップに追加費用は発生しません。タイムリーに新機能が通知され、各利用者は任意のタイミングにアップデート形式で入手できます。

異なる言語版も1ライセンスで対応可能

社内の標準PCには日本語ライセンスをセットアップし、出張用のモバイルPCには英語版をセットアップしておいても、サブスクリプションなら必要な購入数は1ライセンスです。コスト削減につながります。

サブスクリプション版でのAcrobat導入を決めたお客様の声

ライセンス期間とコスト管理がとても簡単になりました!

  • イニシャルコストが削減できました

    月額払いのため、初回導入費用が不要でした。また、月額の経費として計上できるので、コスト管理がとても楽になりました。(サービス業 Web制作担当 A様)

  • 有効期間がライセンス問わず同じなので、管理が楽です

    ライセンスの手続きがこれまでとても煩雑でしたが、Webで簡単に手続きできました。ライセンスの追加・削除があっても、有効期間をそろえて管理することができるので、期間管理の意識が不要になりました。(建設業 人事担当 B様)

たくさんのお客様よりご感想をいただいております。詳しくは「たよれーる Adobe Acrobatのココがいい!」をご覧ください。

たよれーる Adobe Acrobatのココがいい!(PDF:1,124KB)

Adobe Acrobatが選ばれる理由

PDFファイルに変換する方法がいくつかある中で、Adobe Acrobatが多くの人に選ばれているのには理由があります。それは、「ISO準拠の高品質なPDFの生成」「Acrobat Readerをはじめとした閲覧環境との互換性」「十分なセキュリティ」を備えており、企業ユーズの電子ドキュメント活用に適しているからです。

Adobe Acrobatが選ばれる理由

Adobe Acrobat活用術

Adobe Acrobatを、より快適に、安心して使うための方法や連携ソリューションをご紹介します。

  • セキュリティを強化する
  • 3D CADデータの活用
  • やさしくPDF活用レシピ

Adobe Acrobat活用術

Adobe Acrobat XIとAdobe Reader XI サポート終了にご注意ください

Adobe Acrobat XI / Adobe Reader XI のサポートが2017年10月に終了予定です。サポート終了後は、メーカーによるテクニカルサポートや、セキュリティアップデートの提供が行われないため、世界中で幅広く利用されているAcrobat、Adobe Readerはセキュリティ上の観点から、最新バージョンでの運用がお勧めです。メーカーサポート終了に伴うアップグレード導入相談は大塚商会にお任せください。

Acrobatの重要なお知らせ

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー