Adobe(アドビ)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

Acrobatが選ばれる理由

高品質なPDFの生成、閲覧環境との親和性、十分なセキュリティ。企業における電子ドキュメント活用の要件を満たしているのがAdobe Acrobatです。

Acrobatが選ばれる三つのポイント

ISO 32000-1として標準化され普及しているPDFは、ビジネス向けの電子文書フォーマットの世界標準といえます。PDFの生成・閲覧にはさまざまな方法がありますが、高品質なPDF1.7が生成できること、閲覧環境との互換性があること、セキュリティが担保できることなど、企業における電子文書活用の要件を満たすのがAdobe Acrobatです。

PDFを開発したアドビの純正製品ならでは信頼感

1990年代の初めにアドビによってリリースされたPDFは、2008年にISO 32000-1として標準化され、その後の開発に際してもアドビが中心的な役割を担っています。高品質なPDF1.7が生成できる「Acrobat」と閲覧ソフト「Acrobat Reader」は、信頼性の高い「アドビ純正」の製品です。

PDFを「正しく確実に」開いてもらうために

PDFの閲覧環境にはさまざまなものがありますが、世界で最も利用されているのは「Adobe Acrobat Reader」であるといわれています。最も多くの言語に対応しており、パソコンはもちろんのことスマートフォンやタブレット端末でも同じようにお使いいただけます。
実質的なPDFの基盤といっても過言ではないAcrobat Readerで、安心して正しく閲覧できるPDFを運用する必要があるからこそ、Acrobat Readerと親和性の高いAcrobatの採用が選ばれています。

高度なセキュリティへの対応も可能

AcrobatやAcrobat Readerには、セキュリティに対する配慮が随所に盛り込まれています。また、より高度なセキュリティに対応することも可能です。政府機関の「内閣官房情報セキュリティセンター」では、悪意のある攻撃への備えとして、発信するPDFに電子署名の仕組みを適用させることで、安全にPDFを閲覧できるようにしています。

Adobe Acrobat XIとAdobe Reader XI サポート終了にご注意ください

Adobe Acrobat XI / Adobe Reader XI のサポートが2017年10月に終了予定です。サポート終了後は、メーカーによるテクニカルサポートや、セキュリティアップデートの提供が行われないため、世界中で幅広く利用されているAcrobat、Adobe Readerはセキュリティ上の観点から、最新バージョンでの運用がお勧めです。メーカーサポート終了に伴うアップグレード導入相談は大塚商会にお任せください。

Acrobatの重要なお知らせ

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー