Adobe(アドビ)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット) のセキュリティ

Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)では、状況に応じたさまざまなセキュリティ設定が可能です。ファイル単位のセキュリティに最も有効なフォーマットがPDFです。

Adobe Acrobat のセキュリティ

Adobe Acrobatなら、ファイル単位のセキュリティを行えますので、ファイアウォールの外に出ても安心です。

機能

セキュリティ対策に有効なPDFは、官公庁でも広く普及しています。詳細なセキュリティ設定、無償のAdobe Readerでも注釈を可能とする権利付与など、PDFの作成だけではなく活用することが可能です。

パスワードによる表示と編集の制限

パスワードを設定することで、以下のようなセキュリティ設定が可能です。

  • パスワードを知っている人だけがPDFを閲覧できる。
  • 画面上にPDFを表示できても、印刷することはできない。
  • 閲覧や印刷は可能でも、内容を変更することはできない。
  • 文書や画像をコピー、貼り付けで盗用させない。
  • 文書を暗号化しながら、検索エンジンで検索させたい。
  • 添付されたファイルだけを暗号化する。

デジタルIDによるセキュリティ

デジタルIDを利用して、特定のユーザー以外はPDFを開くことのできない設定が可能です。

透かしと背景の追加

印刷すると透かし文字が浮かび上がったり、一部をマスクしたりする設定が可能です。

その他のセキュリティ設定

その他、以下のような高度なセキュリティ機能が用意されています。

  • Adobe LiveCycle RightsManagement Serverとの連携により、PDF配信後にセキュリティの設定を変更する。
  • PDF上の特定部分をマスクして隠す。
  • 電子署名を施して本人を証明する。
  • 文書の改ざんを検知する。
  • タイムスタンプとの連携で、存在を証明する。

セキュリティの設定方法

PDFへのセキュリティ設定開始

セキュリティ設定はメニューに用意されています。パスワードによるセキュリティ、デジタルIDによるセキュリティのいずれも、このメニューから設定を開始します。

PDFへのセキュリティ設定開始 画面

セキュリティポリシーの選択

パスワードセキュリティとデジタルIDセキュリティの2つが標準で用意されています。カスタマイズしたセキュリティポリシーを新規に登録することも可能です。

セキュリティポリシーの選択 画面

パスワードによるセキュリティ設定

セキュリティメニューからパスワードによるセキュリティポリシーを選択し、設定を開始します。文書の改ざん防止や出力禁止などの設定が可能で、受け手が不特定の場合に適しています。

パスワードによるセキュリティ設定 画面

電子透かしの設定

画面では表示せずに、印刷時に表示させる透かしや個人情報のマスクが設定できます。画面上には注意を喚起する文言を表示して、印刷すると消す設定も可能です。

電子透かしの設定 画面

デジタルIDによるセキュリティ設定

親展メール、機密文書を送付する場合に便利な機能です。送信する相手からあらかじめ公開鍵を入手しておき、その鍵を利用して暗号化します。送信する相手を誤っても、メールや文書が開かれる心配はありません。

その他のPDF関連製品

Adobe Livecycle RightsManagement Server

PDFの配信後に閲覧を不可にしたり、閲覧期限を設定することが可能なサーバー製品です。

活文 PDF Converter(旧:活文 PDFstaff)

クライアント数無制限で文書をAdobe純正のPDFに変換するサーバー製品です。セキュリティ対策も有効です。

Adobe LiveCycle Reader Extensions

無償のAdobe Readerでも電子署名の付与・検証、PDFへの注釈、添付機能、保存がAdobe Readerで可能です。

電子署名とタイムスタンプ連携

電子署名とタイムスタンプで文書の真正性を証明し、安全性を確保します。

その他のPDF関連製品

Adobe Acrobat XIとAdobe Reader XI サポート終了にご注意ください

Adobe Acrobat XI / Adobe Reader XI のサポートが2017年10月に終了予定です。サポート終了後は、メーカーによるテクニカルサポートや、セキュリティアップデートの提供が行われないため、世界中で幅広く利用されているAcrobat、Adobe Readerはセキュリティ上の観点から、最新バージョンでの運用がお勧めです。メーカーサポート終了に伴うアップグレード導入相談は大塚商会にお任せください。

Acrobatの重要なお知らせ

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介