Adobe(アドビ)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

PDFファイルを楽しく調理!
大塚商会のやさしくPDF活用レシピ

Adobe AcrobatでPDFをもっと活用するヒントをお届けします。Adobe Acrobat DCを想定したPDFファイルのさまざまな編集・使用方法をQ&A形式でご紹介します。

元ファイルが無くても、文書を簡単に修正! PDFを編集してみよう編

文書を一度PDFにしてしまうと、後から編集ができないものと思っていませんか?
Acrobat DCを使えば、PDF内のテキストや画像を後から自由に編集することができます。文書を少しだけ修正したいけど元のファイルに戻って編集しなおすのは手間、という場合にとても便利な機能です。

重要な情報が入ったPDFは手放しても漏えいを防ぐ! PDFセキュリティ編

時には重要な会議の資料で関係者以外に開示しない場合や、特定の顧客向けなど、機密性の高い情報も扱います。そのようなPDFに編集をさせたくないケースで、データを暗号化したり閲覧権限をつけて、安全性を保つことができます。

WordやExcelに戻して情報を再利用! PDFをOffice文書に書き出してみよう編

過去に作成した資料を再利用したいが手元にPDFしかなくて最初から作り直した、という経験はありませんか?
AcrobatXIを使えば、PDFをWordやExcel形式で書き出して編集できます。レイアウトや書式も維持されるので、再設定の手間も省けます。

どんな文書もまとめて一つのPDFに! 複数のファイルを束ねてみよう編

複数のファイルをばらばらに添付してメールで送ると、どれが何のファイルで、どの順番で見たらいいのか、受け取った側が判断するのは大変です。Acrobat DCなら、さまざまな形式のファイルを1度にまとめてPDFに束ねることができ、送り手の想定する順番通りに受け手に確認してもらうことができます。

紙からテキストを読み取って検索可能に! 紙文書をPDFに変換してみよう編

紙の文書は、スキャンしてもファイルサイズが大きくなる、テキストの検索や再利用ができない、など扱いに困ることがあります。Acrobat DCなら、こうした紙文書も簡単に最適化することができます。自動的にテキスト認識(OCR)も行うため、検索や再利用が可能なPDFとして保管できます。

ページ番号やタイトルなど一貫した情報を表示! ヘッダーとフッターを追加してみよう編

ページ番号などのナビゲーションが欠けている複数ページのPDFも、Acrobat DCがあれば解決できます。タイトルや日付、ページ番号、作成者名といった情報を、ヘッダーやフッターとしてPDF文書全体にわたり簡単に追加できます。

紙に赤入れやメモ書きするような手軽さ! PDFに注釈を入れてみよう編

修正指示を書き込むスペースが少なく正確に意図が伝わらなかったり、FAXで文字が潰れて読めなかったりといった、校正作業を紙で行うときの困ったを、Acrobat DCで解決できます。PDF上で、メモの貼り付け、任意のテキストを指定した修正指示やコメントを入力など、簡単にできます。

実際にレシピを試してみよう!

素材をダウンロードして操作を体験できます

ご紹介の活用レシピで使用している素材と同じサンプルファイルを、それぞれのレシピページからダウンロードして、お手持ちのパソコンで実際に操作をお試しいただけます。最新版のAcrobat DC 体験版はAdobeサイトより無償でダウンロードいただけます。

Acrobat DC 体験版ダウンロード(Adobeサイト)

Adobe Acrobat 製品情報

Acrobatの最新版については、製品ページにて詳しくご覧いただけます。または、お問い合わせください。

Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)

大塚商会のやさしくPDF活用レシピについて

このコンテンツは、Adobeサイト「Adobe Acrobat 簡単レシピ」の大塚商会版です。Adobe社の協力のもと制作しており、一部、「Adobe Acrobat 簡単レシピ」と同一の内容を掲載しています。

Adobe Acrobat XIとAdobe Reader XI サポート終了にご注意ください

Adobe Acrobat XI / Adobe Reader XI のサポートが2017年10月に終了予定です。サポート終了後は、メーカーによるテクニカルサポートや、セキュリティアップデートの提供が行われないため、世界中で幅広く利用されているAcrobat、Adobe Readerはセキュリティ上の観点から、最新バージョンでの運用がお勧めです。メーカーサポート終了に伴うアップグレード導入相談は大塚商会にお任せください。

Acrobatの重要なお知らせ

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介