Adobe(アドビ)製品のことなら、お気軽にお問い合わせください。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

Adobe Acrobat DC 2015とAdobe Reader DC (2015)のサポート終了

Acrobat、Adobe Readerは、セキュリティの観点から最新バージョンでの運用をお願いします。サポート終了に伴うアップグレード導入相談は大塚商会にお任せください。

Adobe Acrobat DC (2015 永続版)のサポートが2020年7月7日(* )に終了します。

  • * 新型コロナウィルスの感染拡大に伴う特別対応として3ヵ月延長されました

サポートが終了したソフトウェアの使用はセキュリティリスクを高めます

サポートが終了したソフトウェアを使い続けると…

ソフトウェアのバグやセキュリティに関するアップデートやお知らせが受けられなくなります。安心してお使いいただくためにも、お客様には最新サブスクリプション版のAdobe Acrobat DCおよびAdobe Acrobat Reader DCにアップデートすることを強く推奨します。

脆弱性が見つかっても、それを修正するセキュリティパッチが提供されず、無防備な状態のまま危険に晒されることになります。

脆弱性は攻撃者の格好の標的となります。不正なプログラムを埋め込んだファイルを送りつけ、開かせる、といった手口もその一例です。

不正に送りつけられたファイルなどからウイルスに感染したPCを介して、時にはネットワークを通じて社内や取引先のPCにも悪影響を与える危険性があります。

ライセンス版のサポート終了予定

ライセンス版製品は、今後も順次サポートの終了が予定されています。サポートが終了したバージョンを使用し続けるのはセキュリティリスクを高めます。

永続版製品サポート終了日
Acrobat DC Pro (2015 永続版)2020年7月7日
Acrobat DC Standard (2015 永続版)
Acrobat Reader DC (2015)
Acrobat Pro 2017 (永続版)2022年6月6日
Acrobat Standard 2017 (永続版)
Acrobat Reader 2017

アドビ製品に関連する資料を無料でダウンロード

サポート終了目前!サブスクリプション版Acrobatを導入すべき理由

2020年7月7日にサポート終了を迎える「Acrobat 2015」シリーズだが、この機会に最新機能を常に使えるサブスクリプション版への移行を検討してはいかがだろうか。そのメリットやポイントをまとめた。

サポート終了目前!サブスクリプション版Acrobatを導入すべき理由(PDF:1.39MB)

今後もAcrobatおよびPDFを安心してお使いいただくために

最新版でのご利用をお願いします。

Adobe Reader ダウンロード

Adobe Readerは、アドビ社のサイトから最新版を無料ダウンロードできます。

Adobe Reader ダウンロード(アドビ社サイト)

より便利になった最新版、「Adobe Acrobat DC」への乗り換えをご検討ください

Acrobat DCは、さまざまな文書業務を支援する強力なツールを備えているだけでなく、それらを時間や場所にとらわれずスムーズに実行できる環境を提供します。サブスクリプション版なら、いつでも最新の機能が利用可能です。

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー