まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

まずは手軽にはじめたい

デジタルサイネージは、その種類によって導入にかかるコストが大きく変わります。ここでは、手軽にデジタルサイネージをはじめたい場合のポイントをご紹介します。

手軽なデジタルサイネージを選ぶポイント

設置にかかるコストや手間を最低限に抑えたい場合、スタンドアロンタイプのデジタルサイネージがおすすめです。ディスプレイスタンドを設置するだけで運用できるため、面倒な設定や工事の必要が無く、費用を抑えることができます。また、表示するコンテンツを変更したい場合は、USBメモリーやSDカードでデータを差し変えるだけなので、誰でも簡単に操作可能です。

こんな時に便利!

  • とにかく安く済ませたい
  • 設置場所を頻繁に変えたい
  • コンテンツを更新する頻度が少ない

スタンドアロンタイプのメリット

  • 設置コストを抑えられる
  • 面倒な設定や工事が不要
  • 操作や設置場所の移動が簡単

スタンドアロンタイプのデメリット

  • 表示コンテンツを変更する際は、直接端末を操作しなければならない
  • 複数の端末を一括に管理することができない
  • ニュースなど最新の情報を発信することが難しい

初めての導入に向いた活用シーン

受付・エントランス

オフィス・バックヤード

イベント会場

手軽な導入におすすめの製品

カンタンサイネージ

再生機能内蔵のお手軽なデジタルサイネージ

製品名
カンタンサイネージ
メーカー
三菱電機
対応タイプ
スタンドアロン
製品特長
コンテンツ入りSDカードを挿入するだけで、簡単にデジタルサイネージをご利用できます。電源を入れて、自動でリピート再生できるので、毎日の設定が不要で手軽に運用いただけます。

美映エル(ミハエル)

手軽に電子ポスターが掲示できるNECデジタルサイネージキット

製品名
美映エル(ミハエル)
メーカー
NEC
対応タイプ
スタンドアロン、ネットワーク
製品特長
多彩なレイアウトから、スケジュールの設定ができたり、手軽に電子ポスターやメニューなども掲示できる、NECのデジタルサイネージキットです。

【無料】デジタルサイネージの豪華資料をダウンロード(全51ページ)

2019年版「デジタルサイネージの全てがこの1冊に。」を無料でダウンロード

デジタルサイネージの「失敗しない選び方」から「メーカーのおすすめ製品紹介」まで気になる情報が盛りだくさんの「全51ページ」

  • サイネージの市場や仕組みが分かる!
  • サイネージの利用用途が分かる!
  • サイネージの選び方が分かる!
  • 各メーカーのおすすめ製品が分かる!
  • 事例やヒアリング項目が分かる!

資料をダウンロード
(無料)

デジタルサイネージの導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。デジタルサイネージを導入した事例をご紹介します。

ナビゲーションメニュー