まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

Ridoc Smart Director

スキャン業務を効率化する「スキャンソリューション」

シンプルな操作性で、スキャンした文書の加工・編集や、書誌情報の設定が簡単にでき、文書の電子化・管理が効率よく行え、さまざまなスキャン業務の効率化を実現します。

大量にスキャンしたデータ処理の業務を効率化

Ridoc Smart Directorは、スキャンした文書ファイルを、文書の内容からファイル名、保管先まで一画面で確認できます。図面や各種帳票などの大量なスキャンデータも、プレビューで内容を確認しながら簡単にファイル名の変更や、文書プロパティ情報の入力が可能なので、電子化から保管までスムーズに行えます。

スキャンした文書内容の加工編集でスキャン業務の効率化

Ridoc Smart Directorは、スキャンした文書の加工編集が可能です。部分消去や簡易的な描画機能で、図面や各種帳票の電子化・管理に役立ちます。他にも、傾き補正、ごみ取り、トリミングの機能やスタンプを利用した捺印が可能です。

文書プロパティの簡単入力でデータ保管業務を効率化

スキャンした図面や各種帳票などの文書ファイルを見ながら、名前(ファイル名)、文書番号、顧客名などの書誌情報を文書プロパティに効率よく入力することができます。

大量文書をスキャンした場合などでも、一画面で確認ができるため、リネーム作業もスムーズに行うことが可能になります。設定したプロパティ情報は、電子化文書の検索に利用でき、保管文書の検索が容易になります。

文書の移動・保管やスキャン文書のファクス送信も簡単

スキャンした文書の加工・編集後に、文書のフォルダー移動や保管がワンクリックで簡単にできるので、編集したあとの文書をファイルサーバーや文書管理システムなどに保存が可能です。また、ファクス送信も同じ画面から行えます。これらの一連の操作を「おしごと設定」しておけば、複数の操作が簡素化できるので、業務の効率化が期待できます。

より高度に効率よくするドキュメント配信システム、文書管理システム連携

フォルダー作成からファイル名まで自動化するドキュメント配信システム
Ridoc GlobalScan

「Ridoc GlobalScan」はフォルダーの生成から、ファイルの振り分け保存、ファイル名のリネームまで自動化でき、「Ridoc Smart Director」との連携でペーパーレス化をより高度に効率よく推進できます。

ドキュメント配信システム Ridoc GlobalScan

情報共有を効率化する文書管理システム Ridoc Smart Navigator

「Ridoc Smart Director」で処理したファクス受信文書、スキャニング文書が「Ridoc Smart Navigator」に自動登録されることにより、情報の周知や共有が効率よく行え、高度な検索機能により電子化後の文書の活用を促進します。

複合機・コピー機・プリンター 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。複合機・コピー機・プリンターを導入した事例をご紹介します。