まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

動画でわかる!CO2濃度を測定しデジタルサイネージで表示

二酸化炭素(CO2)濃度測定器「CO2れんら君」とデジタルサイネージをシステム連携して、ディスプレイにリアルタイムで室内のCO2濃度を表示する事ができます。

CO2れんら君とデジタルサイネージのシステム連携をご紹介します

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:3分22秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

新型コロナウイルスの感染拡大で、人が部屋の中に密集しないよう、二酸化炭素の濃度に注目が集まっています。一般的に二酸化炭素濃度は屋外で約400ppmと言われており、室内等の密閉空間で1000ppmを超えてくると、眠気や疲労感を感じやすくなります。さらに高い濃度の環境下では倦怠感、頭痛、耳鳴り、息苦しさ等の症状が現れることもあります。

そこで、二酸化炭素の計測機器のCO2れんら君の紹介をします。CO2れんら君は、二酸化炭素濃度を計測表示して通知する機器です。CO2れんら君の機能を弊社独自の技術を使い、CO2濃度を表示させることで、オフィスのスペース有効活用できます。CO2濃度が確認できる環境づくりで従業員も安心して働けます。

導入先の例としては、人が集まるところになります。オフィス内、会議室、ショールームや商談スペースはもちろんのこと、学校などにも設置すると親御さんも安心です。そのほか工場など様々なところに設置する意味があるでしょう。大型ディスプレイにデータを表示することにより、飲食店やショッピングセンターなどでは来客者に安心感を与えることができます。デジタルサイネージに取り込むことによりCO2濃度の表示、注意喚起などの電子ポスターと併用すればよりインパクトがある告知をすることができます。それではデジタルサイネージに取り込むイメージをご覧いただきます。

はい、本日はこちらにCO2センサーを活用したデジタルサイネージの運用についてご紹介します。感染予防には、こまめに換気することが重要だと言われていますが、いつ、どのくらい換気をすれば良いかわからないという声をよく耳にします。CO2センサーなら室内のCO2濃度を数字で「見える化」することができます。
こちらにあるCO2センサー「CO2れんら君」とデジタルサイネージ専用再生装置デジサインSTBを社内ネットワークに接続します。

予めCO2センサーのモニター画面を表示するようにデジサイン管理システムから番組設定を行っておきます。これにより、このようにCO2センサーのモニター画面をデジタルサイネージ上に表示することができます。また、感染予防を呼びかける注意喚起コンテンツと切り替えて、交互に表示することで効果的に運用頂くことができます。以上、CO2センサーを活用したデジタルサイネージの運用についてのご紹介でした。

【無料】デジタルサイネージの豪華資料をダウンロード(全63ページ)

2021年版「デジタルサイネージの全てがこの1冊に。」を無料でダウンロード

デジタルサイネージの「失敗しない選び方」から「メーカーのおすすめ製品紹介」まで気になる情報が盛りだくさんの「全63ページ」

  • サイネージの市場や仕組みが分かる!
  • サイネージの利用用途が分かる!
  • サイネージの選び方が分かる!
  • 各メーカーのおすすめ製品が分かる!
  • 事例やヒアリング項目が分かる!

資料をダウンロード
(無料)

デジタルサイネージの関連セミナー

デジタルサイネージの導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。デジタルサイネージを導入した事例をご紹介します。

ナビゲーションメニュー