LED照明の疑問は、導入前に無料資料で解決できます!

大塚商会 インサイドビジネスセンター LED相談室

0120-957-355(平日 9:00~17:30)

水銀灯・投光器タイプ選びのツボをご紹介!

LED水銀灯・投光器タイプの照明導入に役立つ資料をプレゼント

2020年12月31日以降、水銀ランプの製造・輸出入が禁止され、遅かれ早かれLED照明への入れ替えが必要です。資料では陥りやすい選択方法とその対策、疑問点解決のヒントをご紹介します!

大手照明メーカーが水銀ランプの生産を終了!

「水銀に関する水俣条約」を受けて、

  • パナソニック株式会社 2020年6月末に終了

何も対策をしていないと、交換用のランプが見つからず「暗くて仕事に影響を及ぼしてしまう」、LED工事が立て込むことが予想され「工事の日程調整が難しい」などのお困りごとが起きるかもしれません。遅かれ早かれ、LED照明に入れ替えるなら早めがおすすめです。

LED化の疑問・不安は「水銀灯・投光器タイプ選びのツボ」で解決!

LEDに取り替える際、陥りやすい選択方法とその対策、疑問点を解決するヒントが満載!
(PDF/17ページ/3.62MB)

  • 2020年に向けたLED照明の市場動向
  • 水銀灯・投光器タイプの種類とメリット・デメリット
  • 失敗しない選び方のツボ

資料をダウンロード(無料)

「水銀灯・投光器タイプ選びのツボ」の主な内容

「水銀灯・投光器タイプ選びのツボ」は、実際にお客様から相談を受けた内容などをまとめたLED照明導入に関する簡易的な資料です。陥りやすい選択方法やその対策、疑問点を解決するヒントなど、豊富な導入実績とLED照明に関する知識、経験から得た製品選びのポイントを凝縮した一冊です。

  • 様々な導入背景/市場背景…P2、3
  • LED水銀灯・投光器の種類…P5
  • タイプごとの特徴やメリット・デメリット…P6
  • 選び方のツボ(失敗しない選び方)P…7、8

そのほか、製品ラインアップや各種キャンペーン情報など

2021年以降、水銀灯の製造・輸出・輸入が禁止に

2013年10月9日~11日に開かれた国連環境計画(UNEP)の外交会議で「水銀に関する水俣条約」が採択されました。2021年以降、一部の水銀灯の製造・輸出・輸入が禁止となりますので、メタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプ、 LED照明などへの計画的な切り替えが必要です。そこで、規制対象の製品や国内市販ランプへの影響などをご紹介します。

既存の水銀灯をLEDにするには?

市場の水銀灯タイプのLED製品では、既存の器具を流用する「口金流用タイプ」と、 器具ごと交換する「器具一体型タイプ」の2種類があります。タイプによって工事方法や導入コスト、設置場所も異なります。「水銀灯・投光器タイプ選びのツボ」では、タイプごとの特徴、メリット・デメリットを詳しくご紹介します。

LED製品 選び方の「ツボ」

LEDを導入する際、製品選びを「価格」だけで決めていませんか。導入費用が安く済む、という手軽さだけで決めてしまうのは、危険です! 思わぬ失敗をしてしまう場合があります。どのような所に注意すればよいか、選び方の「ツボ」をご紹介します。

お得なキャンペーンも実施中(月額1台あたり約990円から)

水銀灯、投光器に代わるスクエアタイプLED照明をお得なキャンペーン価格でご提供しています。しかも工事費込みです!

さらに詳しく知りたい方へ
無料の資料をご用意しました!

「水銀灯・投光器タイプ選びのツボ」のPDFを無料でダウンロード

一般的に工場や倉庫などの高天井で使われる水銀灯や投光器。LEDの正しい選択で大きなコスト削減が図れます。陥りやすい選択方法やその対策、疑問点を解決するヒントなどをご紹介します!

資料をダウンロード(無料)

総務の方必見!「コスト」と「手間」をダブルで削減する方法

LED照明のほかにも、コスト削減できる方法はまだまだあります!

面倒な「手間」を減らして「コスト」も削減できる、総務の皆さんが得するとっておきのダブル削減方法をご紹介します。

総務の方必見! オフィスのコスト×手間 ダブル削減

LED照明の導入事例をご紹介