まずはお気軽にお問い合わせください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

タイムスタンプオプション(Quickスキャン)

e-文書法、医療カルテ、知財保護など用途が広がるタイムスタンプ。Quickスキャンを使うと、スキャンした書類にタイムスタンプを付与し、指定先保存やメール送信ができます。

  • (注)タイムスタンプオプションのご利用には、Quickスキャン V5が必要となります。

  • *タイムスタンプとは
    電子データがある時刻に確実に存在していたことを証明する電子的な時刻証明書です。タイムスタンプに記載された暗号情報とオリジナルの電子データを照合することで、その電子データがタイムスタンプによって証明された内容であることを確実に、しかも簡単に確認することができます。

こんな用途に使われています。タイムスタンプの活用例

e-文書法対応に
国税関係書類のe-文書法の要件のひとつとして、タイムスタンプが利用されています。
医療分野で
紙の医療カルテをスキャナーで電子化保存する場合や、電子カルテシステムで作成したカルテに対して、タイムスタンプを付与することによって院内の透明性や記録の真正性の確保の手段として利用されています。
知財保護にも
製造業では、CAD図面をPDFに変換時にタイムスタンプを付与して保存し、知財権利のトラブルに備えるという運用が増えています。また、特許申請しなかったノウハウや、受託開発や共同開発で発生したアイデアなどを他社が権利化しようとしたり、特許化されてしまった場合の対抗手段として利用されています。

Quickスキャン タイムスタンプオプションの特長

Quickスキャンのタイムスタンプオプションは、導入も簡単でコンサルティングも不要です。導入後もすぐにご利用いただけるよう、一部テンプレートも用意されています。

タイムスタンプしたファイルを、そのまま指定フォルダーに保存できる

領収書や請求書などの書類をスキャンしPDFファイルにする際に、タイムスタンプを付与します。PDFファイルは、指定するフォルダーへ保存することができます。

タイムスタンプ後、そのままメール送信

スキャンした各文書のPDFファイルにタイムスタンプを付与します。PDFファイルは、そのまま指定したあて先にメール送信することができます。

Quickスキャンの機能や活用方法など、分かりやすくお答えします。

カタログ無料ダウンロード

「Quickスキャン V5」カタログを無料でダウンロード(全20ページ)

書類の電子化や文書管理、名刺管理など、複合機の活用で新しい働き方をサポート。さまざまなシステムとの連携で複合機の可能性を広げるソリューションをまとめてご紹介しています。

資料をダウンロード(無料)

複合機・コピー機・プリンター 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。複合機・コピー機・プリンターを導入した事例をご紹介します。

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、お客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

以下のようなご相談も承っております。気になることは、お気軽にご相談ください。

  • 複合機のリースやレンタルのご相談
  • オプション機器の同時見積りや購入
  • 業務に必須な機器の一括見積り
  • 複数台購入時の価格相談
  • 関連ソリューションの提案依頼
  • サポートについてのお問い合わせなど

ページID:00170416

ナビゲーションメニュー