法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDのまぶしさ対策

LED照明のまぶしさ対策は、設置の工夫によって行うことも可能です。例えば、直接照明でなく間接照明を積極的に利用したり、より高い位置に光源を設置して視野に直接入りにくくしたりすることで、まぶしさを抑えることができます。

LEDのまぶしさ対策

周囲の明るさに比べて、あまりに明るすぎる光源が視野に入ると、人間はまぶしさを感じます。あまりひどいときは他の物体が見えなくなるなど視覚に悪影響を与えますが、それほど強いまぶしさでなくても不快感を覚え、集中力の低下や目の痛み、頭痛などにもつながりかねません。

LEDは、電球や蛍光灯に比べると小さな素子で同等の明るさを実現することができますが、反面それは言い換えれば「まぶしさを感じやすい光源」でもあります。そこで、多くのLED照明では指向性の広い(広範囲に光が広がる)LED素子を使ったり、乳白色のカバーで拡散させたり、直接光を使わず内部の反射板で散乱させた光を使うなどして、より広い範囲から光を発することでまぶしさを感じにくくさせる工夫が施してあります。しかし、例えばLED電球やLED蛍光灯は、通常の電球や蛍光灯に近づけるため光を拡散させる工夫を多くの商品が取り入れているものの、それでも完全に同等とまではいきません。

こうしたLED照明のまぶしさ対策は、設置の工夫によって行うことも可能です。例えば、直接照明でなく間接照明を積極的に利用する、より高い位置に光源を設置して視野に直接入りにくくする、といった工夫でまぶしさが抑えられます。また、LED電球やLED蛍光灯であれば、光を広く拡散させるような照明機器と組み合わせると、まぶしさを抑えるのに効果があります。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.03

LED How to 関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介