法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDの配線方法・向き

LEDには、+と-の極性があり、この電流の入り口(+極)をアノード、出口(-極)をカソードと呼んでいます。電源の+極をアノード、-極をカソードに正しく配線しないとLEDが発光しません。

LEDの配線方法・向き

LEDを含むダイオードは、片方向のみに電流を流す電子部品です。電流が一方通行であるということは、+と-の極性があるということです。この電流の入り口(+極)をアノード、出口(-極)をカソードと呼んでいます。LEDは、電源の+極をアノード、-極をカソードに正しく接続することで発光します。逆に接続すると、LEDが破損します。

砲弾型のLEDチップでは、足の長い端子がアノード、短い端子がカソードになっています。基板などに組み込んで足を切断する場合には、間違いないように注意する必要があります。樹脂モールドタイプの(発光部分が軟質の樹脂で覆われている)LEDチップの場合、極性はマークで判断します。表面から見たときは、端部にマークがある方がカソードになります。また、裏面には電流の流れる方向を表す三角形のマークが書かれていることが一般的です。LED照明などに利用されている角型のリフレクタータイプであるLEDチップでは、四つ角の切り欠けがある方の端子がカソードというのが一般的です。ただし、ごく一部製品は切り欠けのある方の端子がアノードになっている場合があるので、念のために使用前の確認を怠らないようにしましょう。

複数のLEDチップを用いたLEDランプを作成する場合、LEDチップは直列または並列で接続します。直列で接続した場合、必要な電圧はLEDチップの個数分だけ増えていきます。そのため、例えば自動車で一般的な12Vバッテリーを電源として、3.2Vの白色LEDを点灯させるには、3.2V×3=9.6V、つまり3個までの直列に抑えます。これを4個直列すると、12.8Vとなって電源電圧を超えてしまうため、点灯しないか暗く点灯することになります。また、抵抗器の抵抗値は、直列したLEDの合計電圧から計算します。それ以上の数のLEDを同じ点灯させたい場合は、直列ではなく並列で接続します。ただし、並列接続の場合、並列した分だけ抵抗器をつながらなければならないので、注意が必要です。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.03

LED How to 関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介