まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

ボットネット診断サービス

標的型攻撃による見えない脅威を調査

ボットネット診断サービスはネットワークトラフィックを収集する調査用装置を設置し、マルウェア等による不正通信が行われていないかの解析および簡易レポートの作成を実施します。

サービス概要

お客様へのヒアリングからネットワークの監視、ログの解析を行い、簡易レポートを簡易レポートをお出しします。レポートを元に、業務の安定運用に悪影響を及ぼす可能性がある振る舞いや、ネットワーク運用上の脆弱性を通信の傾向から割り出し、今後のセキュリティ対策の方向性をご検討いただけます。

ヒアリングの実施

お客様へのヒアリングを元に装置の設置箇所の決定、社内ネットワーク環境の調査を行います。

ネットワークの監視

24時間から48時間ネットワークの監視とトラフィック(通信)の監視を実施します。

ログの解析

取得されたトラフィックログを解析・調査します。

レポート提出・報告会

解析結果をレポート出力し、報告会にて詳細説明を行います。

主な特徴

パターンファイルでは検知不可能な「未知の脅威」も発見

標的型攻撃はパターンファイルで検知されないことを事前に確認のうえ、攻撃を実施。ネットワークトラフィックを検査するため、未知の脅威を発見することが可能です。

レポートを作成し、脅威を可視化

解析・調査結果をレポートにまとめ、検知した脅威を分かりやすく可視化します。

診断結果を元に今後の方向性を確認

どのような対策を実施すればよいのかを具体的にご提案します。

価格

概算費用(税別)200,000円~

関連サービス

標的型攻撃ボットネット簡易検診サービス

お客様ネットワークに調査用サーバーを数日間設置し、ネットワークのトラフィックをキャプチャーします。キャプチャーした結果を解析し、簡易レポートの提出、および報告会を実施するサービスです。

セキュリティの導入事例をご紹介