AI・IoT製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

AI・IoTソリューション

最新の技術で現場の作業負担軽減や生産性の向上を図る

生産年齢人口の減少による人材不足や労働者の高齢化による技術力の低下など、さまざまな問題をAIやIoTをはじめとした最新ITソリューションで解決します。

AI・IoTソリューション一覧

AI・IoTソリューション製品紹介

AIチャットボット

チャット形式で入力されたエンドユーザーからの問い合わせに、ロボットが自動で回答します。最新のAI(人工知能)を手軽に利用しながら、問い合わせ業務の時間短縮が図れます。

AI翻訳

これまでの翻訳は統計翻訳と呼ばれるものでしたが、AIによる自動翻訳は従来のものと比べて精度が飛躍的に向上しています。業務に活用できるAI翻訳サービスをご紹介します。

AI音声解析

AI問い合わせ支援ソリューションは、製品やサービスの多様化によるオペレーター業務の複雑化を解消します。

AI OCR

文字を認識してデジタル化するOCR技術にAIを活用することで、機械学習による文字認識率の向上や、自社内で簡単な設定で帳票の項目を抽出することが可能になりました。

AI画像認識・解析

AIの進化により写真などの画像データを認識・解析して現在の状態や問題を把握することが可能になりました。最新のAI画像認識の活用をご紹介します。

AIサーマルカメラ

感染症拡大の抑制には感染の疑いがある人への適切な対応が求められます。サーマルカメラなら瞬時に温度測定を実施、非接触で発熱の疑いをリアルタイムに検知できるので安心・安全です。

IoT遠隔作業支援

IoT遠隔作業支援では、スマートグラスに実際の光景とデジタル情報を重ねて表示したり、現場と支援者を映像でつなぎリアルタイムにサポートしたりなど、より効果的な支援を行えます。

IoTセンサー・デバイス

モノに取り付けたセンサーを利用して、離れた場所でもインターネット経由でそのモノの状態を知ることがでるようになり、さまざまなIoTのサービスが開発されています。

AR

AR(拡張現実)は広告やプロモーション方法のひとつとして注目されています。販促活動やマーケティングツールとして、最新のARを柔軟かつ簡単に活用できます。

ロボット

自動運転技術やAIなど、最新技術を搭載したロボットの開発により、搬送業務や掃除、受け付けなどといった、定型的な作業の自動化が可能になります。

  • * 「Whiz」「AI清掃プロ」の名称、ロゴはソフトバンクロボティクスの登録商標または商標です。

AI・IoTソリューションとは

AIソリューション

AIは、日本語では人工知能と呼ばれていますが、AIに大量の情報を与え学習させることで、複雑な作業を行うことができるシステムです。今までは人が行っていた作業を、AIで対応することができるようになり、さまざまな業種・業界でAIを活用したモノやサービスが普及してきています。音声解析を活用した自動応答・書き起こし・翻訳や、画像解析を活用した顔認証・不良品判定・病理検査など、多くのソリューションが開発されています。

IoTソリューション

「IoT」は、Internet of Thingsの略で、日本語では「モノのインターネット」と訳されます。IoTソリューションとは、パソコンやスマートフォンなど従来のIT機器以外の「モノ」をインターネットに接続して、お客様の課題解決や目的達成を支援する技術です。たとえば、センサーやデバイスなどを使って、人や物の動き・温度・明るさなどの状態を自動検知して、パソコンやスマートフォンなどに通知したり、人工知能を使って集めたデータを解析したりなど、さまざまなソリューションが開発されています。

大塚商会のAI・IoTソリューション

AIを活用したチャットボットは、さまざまな企業で注目されていますが、大塚商会では実際にチャットボットを導入し、自社でさまざまな試行錯誤を重ねてきました。他にも、社員食堂にAIカメラを設置し、ランチタイムの混雑状況をディスプレイに表示させるなど、さまざまなAI・IoTソリューションの活用に取り組んでいます。こうした自社で培ったノウハウをお客様の課題を解決するソリューションとしてご提供しています。

ナビゲーションメニュー