AI・IoT製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

入退室管理システム Akerun

今あるドアに後付けできて手軽にスタート

Akerunは、ドアに後付けできる手軽なクラウド型入退室管理システムです。工事不要で手持ちのデバイスを鍵として利用して入退室の履歴をリアルタイムでご確認いただけます。

Akerun の特長

今あるドアへ後付けで工事費用ゼロ

Akerunの設置はドアへ貼り付けるだけです。強力な両面テープで設置しますので、ドアへ穴を開ける必要もなく、工事費用ゼロで導入が可能です。また、移転時など設置場所の変更も可能で、原状回復の工事も不要です。簡単な設置で届いたその日から運用可能です。配線不要なので見た目もスッキリします。

スマートフォン・ICカードで鍵の開け閉め可能

スマートフォンのアプリで鍵の開け閉めが可能ですので、物理鍵の紛失リスクを未然に防ぎ、鍵の貸し出しを行っている場合には、鍵の管理を効率化することができます。また、交通系カードや社員証など、NFC対応ICカードであれば、ICカードを鍵として登録できます。既存の端末やICカードをそのまま利用できますので簡単にはじめることができます。

フレキシブルな合鍵発行

合鍵の発行は、パソコンの管理画面から即時可能です。ユーザーごとに時間や場所を指定して合鍵発行が行えます。例えば、拠点ごとに合鍵権限を分けたり、部署ごとに開けられる曜日や時間を指定したり、部屋ごとに入れる人を住み分けるなど、オフィスのセキュリティ対策にもつながります。また、メンバー入れ替わりの際も、鍵権限の付与・はく奪が簡単に行えますので、コスト削減にもつながります。

入退室管理でセキュリティ向上

入退室履歴をリアルタイムで確認可能で、「誰が」「いつ」「どこに」出入りしているか記録・管理が行えます。勤務時間外の入退有無の把握や、各会議室の利用状況の把握などにもご利用いただけます。常時施錠で、開けっ放しにすると警告音が鳴り、メールで通知されますので、セキュリティ向上や情報漏えい対策につながります。

オフィス利用例

例1 執務室

オフィスの既存のドアをそのまま入退室ゲートとして活用して、社員証で鍵の開け閉めした履歴を利用。従業員の入退室履歴を無制限に保存し、パソコンからの確認やCSVのダウンロードも可能です。従業員の入退履歴を抜け漏れなく取得し、既存勤怠システムとの連携や打刻時間との乖離をチェックできます。

例2 会議室

パソコンの管理画面から鍵の発行ができるため、利用者の鍵の受け渡し不要で、利用者は時間になったら会議室へ向かうだけ。会議室ごとに分けて管理できるため、各部屋の在室確認にもご利用いただけます。

例3 サーバールーム

人や時間を限定した鍵の発行ができるため、サーバールームへの不要な出入りを制限できます。また、紙での入退室記録の管理をしている場合には、手書きから自動での入退室記録となることで、記入漏れや改ざんの抑止も効果があります。

Akerun Pro 価格

項目価格備考
Akerun Pro本体279,000円鍵1つあたりのAkerunセット内容
  • Akerun Pro×1
  • Akerun Remote×1
  • ドアセンサー×1
  • NFC カードリーダー×2
年間利用許諾料117,000円年間サービス利用費用です。

その他オプション費

項目価格備考
Akerun NFCカード500円NFCカードのご用意がない場合に
鍵として登録可能なカードです。
Akerun Pro用スペーサー1,200円設置診断の結果、必要と判断された場合の
高さ調整用のスペーサーです。
Akerun Pro専用ACアダプター4,000円専用専用ACアダプターの使用で、
通常時の電池運用から給電式の運用に
切り替えてご利用いただけます(注)。
Akerun Pro専用アタッチメント2,000円設置診断の結果、必要と判断された場合の
特殊なサムターンの形状に対応する
アタッチメントです。
  • (注)ドアセンサー, NFC カードリーダーは電池運用のみ

ナビゲーションメニュー