AI・IoT製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

AI画像認識・解析

高度な画像認識・解析で業務を自動化

AIの進化により写真などの画像データを認識・解析して現在の状態や問題を把握することが可能になりました。最新のAI画像認識の活用をご紹介します。

AI画像認識・解析一覧

AI画像認識・解析とは

カメラなどのセンサーで画像を取得し、機械学習や解析によって、侵入検出や不良品検出、顔認証・不審者追跡など、さまざまな分野で活用できます。また、性別・年齢など、来場・来店者を分析・予測し、マーケティングにも活用できます。

マーケティング

感覚値でしか得られなかった入店者数、ピークタイム、入店者の属性など、情報をカメラ映像から計測します。計測したデータをマーケティングに活用することで、収益の向上が期待できます。

入退管理

企業・学校・施設など建物や部屋の出入り口に設置したカメラで、顔画像をもとに利用者認証を実施します。 個人情報を管理して、共連れなどの防止・抑止にも役立ちます。

事故の予防

作業現場での安全装備の点検漏れ、取り扱いが難しい危険物に関係者以外が近づいたことを検知すると、アラートを出します。これにより事故を未然に防ぎます。

ナビゲーションメニュー