法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED電球 E12

E12は、白熱電球の口金のサイズを表し、JIS規格です。白熱灯では豆球と呼ばれる小型電球に使われています。LED電球でも同様の小型電球に使われています。

読み方:えるいーでぃーでんきゅう いーじゅうに

LED電球 E12とは

Eは電球を発明したエジソンの頭文字、12は直径サイズを表しています。つまり、E12は、ねじ込み式口金の直径12ミリの電球であることを表しています。E12は、ねじ込み式口金サイズとしては、E10、E11に続いて小さなサイズで、電球としても豆球と呼ばれる小さなサイズの電球に使われることが多くなっています。LED電球になっても同様で、豆球サイズの電球として利用され、常夜灯などLEDの特性が生かせる用途での利用が多くなっています。

E12サイズの豆球は常夜灯などに使われてきました。白熱灯時代から豆球はナツメ球とも呼ばれ、白熱灯の中でも長寿命なことが特徴でしたが、消費電力が大きく常夜灯のように長時間点灯しておくものとしては不向きな一面もありました。それに対しLED電球E12の豆球は、白熱灯の豆球に比べ4倍から8倍の長寿命で、消費電力は大幅に少なくて済み、現在ではLED豆球への置き換えが急速に進んでいます。

白熱灯の時代から、ペンダントライト、シーリングライトについている常夜灯としてついているナツメ球は、保安球とも呼ばれてきました。白熱灯の時代からE12サイズだったために、ペンダントライトやシーリングライトがLEDに移行しても、常夜灯はE12の口金サイズのLED電球E12が利用されています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.5

LED電球サイズ関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介